【ソフトテニス】「自分を知る」と試合で勝てる!太古の英知に学ぶ強さとは?

【ソフトテニス】「自分を知る」と試合で勝てる!太古の英知に学ぶ強さとは?

本記事では、ソフトテニスの試合で大切な「自分を知る」ことについて解説します。

「自分を知る」ことは非常に重要です。

「自分を見つめること」とも言えます。

「自分」を客観的に観察する能力は、生きる上で大きな力になります。

そしてこれは、スポーツにも当てはまります。

ソフトテニスの試合で勝つにも、「自分を知ること」「自分を見つめること」が重要です。

力を発揮するためには「自分を知る」こと

孫氏の有名な言葉にこのようなものがあります。

 

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず。

彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。

彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し。」

 

現代語では以下のようになるでしょう。

 

「相手と自分の実情を知れば、全ての戦いで勝つことができる。

相手の実情を知らず、自分を知っていれば、勝つこともあれば負けることもある。

相手を知らず自分のことも知らなければ、戦うたびに必ず負ける」

 

孫氏に説かれていることを根拠に正しいとは言えませんが、現代の様々な場面にも通じる知恵があるように思われます。

この言葉によると、相手も自分も知っていれば必勝とされる理想的な状態です。

 

注目すべきはその次です。

相手のことを知らなくても、自分のことを知っていれば五分五分の勝負になる。

つまり、引き分けには持ち込めると読むことができます。

こちらの文言からは「自分を知ること」が重要であると理解できます。

 

反対に、自分のことが分かっていない状態だとどうなるでしょうか?

日本語だと「我を忘れる」「自暴自棄」など、自分の状態が冷静に見られていない状態を表す言葉があります。

いずれも判断能力が落ち、問題解決が難しい状況が想像できますよね。

 

2人の人が喧嘩をしている例で考えてみましょう。

2人とも頭に血が上り、互いに罵り合っています。

それを周囲で見ている人の視点では、「馬鹿なことをしているな…」と感じますよね。

客観的に見るということは、冷静な状況判断ができる意識状態を意味します。

つまり自分自身を客観的に見ることができれば、落ち着いて問題解決に望めます。

 

これはもちろん、スポーツにも当てはまります。

自分の現状を冷静に分析することで、高いパフォーマンスを発揮することができます。