「空間」で理解するソフトテニス上達のプロセス!

2020年2月13日

 

今回は、ソフトテニス上達の道筋を「空間」に置き換えて考えてみます。

ソフトテニスに限らず、何かが上達することには共通点があります。

それは「未来の理想の自分に近づくこと」です。

日々の練習で「私は未来の理想の自分に向けて練習している!」と意識していなくても同じです。

未来に向けて行動することは「空間」に置き換えるとスッキリと理解することができます。

現在の自分から理想の自分へと移行することは、ある場所からある場所へと空間を移動することに近いからです。

上達の道のりを整理しておくことで、他の分野でも自分の資質を高めやすくなることでしょう。

 

ソフトテニスの上達の道のりを「空間」に置き換えると?

ソフトテニスの上達を整理して理解するために、空間で考えてみましょう。

皆さんが今「東京」にいて、これから「北海道」に行きたいと思っています。

北海道に辿り着くために必要な要素はなんでしょうか?

 

それは「移動」と「方向」です。

 

東京からがむしゃらに移動を続けて、気が付いたら目的地である北海道に到着するとは思えませんよね?

北海道に行くためには、当然のことながら北海道に向かって進む必要があります。

つまり方向が正しくなければ、どれ程移動距離が長くても目的地には到達できません。

 

ソフトテニスにも、これと同じことが言えます。

空間における「移動」と「方向」は、スポーツの「練習時間」「練習効率」に対応します。

実際に練習することは大切ですが、効果のある方法でなければ上達は望めません。

いくら進んでも、方向が違うと目的地に到達できないことに似ています。

 

「現在の自分」からソフトテニスが上達した「理想の自分」へと到達するには、がむしゃらに練習をすることでは不十分です。

もちろん普段の練習も「ソフトテニスの上達」という目標に向けて行っているものでしょう。

その点では、目的地へ向けた「方向」という要素も満たしているように思えます。

ですが本人が「上達を目指して練習している」と思っていても、方向がずれている可能性は大いにあります。

本当に正しい方向に進んでいれば、練習するほど「理想の自分」へと近づいていくはずです。

 

皆さんがこれまでの練習でソフトテニスの上達を実感できていない場合は、ソフトテニス上達という目的地からずれた「方向」へと進んでいる可能性があります。

次章では、ソフトテニスが本当に上達するための方法を考えてみましょう。

 

参考:最短距離で上達!ソフトテニスの練習メニューの「公式」とは?

参考:ソフトテニスで上達し試合に勝つために必要なゴール設定とは?

 

ソフトテニスが上達するための「正しい方向」とは?

ソフトテニスが上達することも、目的地を目指すときと同じく「移動」「方向」が重要なことを確認しました。

ではソフトテニスが上達するための正しい方向とは何でしょうか?

 

先ほど空間における「移動」「方向」は、ソフトテニスの練習では「時間」「効率」に対応すると書きました。

つまりソフトテニスで正しい方向を進むためには、効率を高めれば良いということになります。

同じ練習時間でも、練習効率が高ければその分上達が期待できます。

同じ移動距離でも、方向が正しければその分目的地に近づけるのと同じですね。

 

効率は高ければ高いほど良いです。

ソフトテニス上達の最短距離を行くにはどうすれば良いのでしょうか?

答えは脳の仕組みに合った方法で練習することです。

ソフトテニスという体を使った分野でも、学習は脳の働きです。

 

脳の仕組みに合っていれば練習効率が高く、脳の仕組みに合っていなければ練習効率が低い。

このことは、ソフトテニスに限ったことではありません。

およそ人間が何かを学習し知識や技能を高めるというとき、その働きの中核を担うのは脳です。

つまりあらゆる分野において、学習効率を高め最短距離で目標を達成するためには、脳の仕組みに合った方法で学習を続けることが重要だと言えるでしょう。

スポーツであれ、勉強であれ、「現在の自分」から「理想の自分」へと近づく最短距離を結ぶルートは、脳の仕組みに合った学習法だと考えられます。

 

参考:ソフトテニスが上達すると「すべてが可能になる」!?

参考:ソフトテニスで前衛にも後衛にも不可欠な「エフィカシー」

 

まとめ

●目的地に辿り着くには「移動」と「方向」が大切

●ソフトテニス上達という目標を達成するには「練習時間」と「練習効率」の2つを満たすこと

●効率が良い学習法=脳の仕組みに合った学習法は、あらゆる分野に応用可能