本物はシンプル!?「引き算」で考えるソフトテニス上達理論!

本物はシンプル!?「引き算」で考えるソフトテニス上達理論!

本記事では、ソフトテニスの上達理論を「引き算」の発想で考えてみます。

ソフトテニスが上手くなるために不要な物を取り除き、シンプルな方法に落とし込む。

そうすることで脳は上達に必要な情報を高純度で受け取りより効率的に学習を進めます。

ソフトテニスの上達理論を「引き算」でシンプルに

ソフトテニスの上達法を、必要がないものを減らしていく「引き算」の発想でソフトテニス上達法を考えてみましょう。

「自転車にはどうやって乗りますか?」

ソフトテニスの上達法を考えるために、自転車をヒントにしましょう。

私は自転車を例に取ることが多いですが、自転車は誰もが体感として理解がしやすいからです。

 

■自転車

ハンドルは軽く握り、いつでもブレーキが掛けられるように周囲の動きを予測する。

片方でペダルを漕ぐと反対側のペダルが持ち上がるため、推進力を失わないようにタイミング良く左右交互にペダルを踏みつつ重心を左右にぶらさず常にバランスを取る。

 

こちらは自転車に乗る時に実際に行っていることとしては間違っていないでしょう。

ではこの説明は自転車の練習をする人にとって有益なアドバイスになるでしょうか?

答えはもちろん「NO」です。

私たちが自転車に乗る時には上のような内容は考えませんし、練習を行う際にも必要がありません。

 

ではどうすれば自転車に乗れるのでしょうか?

答えは単純で「繰り返し自転車に乗ること」です。

何度も自転車に乗って練習することで自然と乗れるようになります。

反復練習の結果として、効率の良い動きが感覚として身に付くというプロセスです。

 

ソフトテニス上達の方法論も不要な部分をカットし、上達のために必要なエッセンスだけを抽出しましょう。

ソフトテニスの優れたプレーは基本的に反復練習によって自然と身に付くものです。

上級者の動きは外から見ると複雑なように見えますが、そのような動作も、シンプルな方法の積み重ねによって可能になります。

「足し算」のソフトテニス理論とは?

ソフトテニスの理論には「フォアハンドの打ち方はこう…」「バックハンドはこう…」と、様々なことを意識する方法が多く見られます。

実践するべきことを加えていくことから「足し算」の方法と見ることができるでしょう。

ここでソフトテニスのフォアハンドストロークについてアドバイスされることを足し合わせてご紹介します。

 

■フォアハンドストローク

フォアハンドは腰を落として軸足を設定、壁を作り、ラケットを早くテイクバック、スイングは腰→肘→ラケットの順番にしならせながら、打つ瞬間だけ力を入れ、ラケットを上に振り抜いてドライブをかけ、フォロースルーは首に巻き付ける。

 

このようにフォアハンドの動作を一つ一つ頭の中で意識していては、ボールが正確に打つのはまず無理でしょう。

ソフトテニス上級者の動きを外側から見た形ではありますが、それはあくまで説明に過ぎません。

一つ一つの動作を切り分けて考えていては、全体として体のスムーズな連動が使えず、スイングの動作は不自然なものになります。

 

フォアハンドについての上記のような説明はちょうど自転車の乗り方を言葉で説明するのと同じです。

上手い人の動きについて言葉にしているかもしれませんが、それを意識することが上達に繋がる訳ではありません。

硬式テニスのデータによるとインパクトの時間は1000分の4~6秒程度で、稲妻と同じくらいの一瞬の間の出来事です。

 

しかもソフトテニスのボールはスピードやコースが毎回変わります。

先ほどのフォアハンドの説明は体の動きだけでも複雑ですが、実際のプレーではさらにボールの動きに対応したスイングが求められる訳です。

 

「フォアハンド」一つを取っても実践が困難なものを「バックハンド」「サーブ」「ボレー」と、各ショット毎に意識することを求める。

ソフトテニスの各ショットを細かく説く理論は、一見丁寧なようでありながら、プレーを大変複雑なものにしてしまう可能性があります。

ソフトテニス上達法を「引き算」で考えると?

ソフトテニスが上手くなるためには「引き算」

ソフトテニス上達法カテゴリの最新記事