ソフトテニスと『動的平衡』!生命の神秘に見る練習の秘訣とは?

ソフトテニスと『動的平衡』!生命の神秘に見る練習の秘訣とは?

本記事では動的平衡どうてきへいこうという考え方をベースにソフトテニスのラケットスイングや試合戦術について考えます。

動的平衡は生物学の中で使われる言葉です。

「生物とは何か?」という難解な問いに対する重要な方向性を示すのがこの動的平衡というアイディアだと言っていいでしょう。

実はこれが、人間という生物が行うソフトテニスを考える際にも参考にモデルなのです。

ソフトテニスと動的平衡

本稿では動的平衡どうてきへいこうをテーマに、ソフトテニスのラケットスイングや試合展開について考えてみたいと思います。

動的平衡という考え方は上達に必須とは思いませんが、ソフトテニスをより明快に説明できるモデルです。

動的平衡とは何か?

生物の本質は「動的平衡」

このような考え方を聞いたことがある方もいるかもしれません。

動的平衡とは分子生物学者の福岡伸一博士が提唱している概念で、英語の “Dynamic State” の訳語です。

 

私たち人間を含めて生き物の体は日々細胞が入れ替わっており、数カ月から数年単位では全てのパーツが更新されています。

つまり「自分」は常に連続していると感じながらも、体のパーツは全て別物と置き換わっているとうことです。

ダイナミックに変わりながら、一つの生物という平衡性を維持する。

ここに「生物を生物たらしめている本質が宿っている」と考えられるのです。

 

生物は細胞の集まりによって形作られています。

しかし細胞の一つ一つを細かく観察しても、そこに生命現象の仕組みを発見することはできません。

細胞を構成しているのは原子ですが、原子をいくら細かく観察しても生命の謎を解くことはできません。

 

また、生物の部分と全体は機械のように一対一で対応しているのではありません。

例えばある遺伝子が欠けている生き物がいれば、その遺伝子に関係する機能が失われるはずです。

しかしある遺伝子を持たない個体が健康上なんの問題もなく、また子孫を残す働きにも変化が見られない場合があります。

このような例は生き物の体が一対一で対応しているのではなく、相互に補い合いながら全体としての役割を保っていることを示しています。

生命の本質とスポーツ

「柔らかさ」「可変性」「可塑性」。

このような言葉が生命の働きを説明するときに当てはまります。

一つの状態に固定されるのではなく、柔らかく変化し続けることでダイナミックに平衡性を保つ。

動的平衡が生命の本質であるとすれば、人間の体もまたこの仕組みによって成り立っていると考えられます。

 

植物の細胞は外側が固い細胞壁に囲まれていますが、人間の体は柔らかい細胞膜に包まれています。

そして人の体細胞は絶えず入れ替わりながら、それぞれの機能が相互に補い合う可塑性を備えています。

柔らかくダイナミックに変化し続けることによって保たれている人間の体。

スポーツのパフォーマンスを考えるときに、私たち人間が持って生まれた体の性質はベースとして常に関係しています。

 

Point

・生物の本質は「動的平衡」常に変わり続けることで、一定の状態を保っている

・人間の細胞は全て入れ替わりながらも同じ自分としての同一性を保っている

柔らかく流動的であることが生物の体の本来の在り方

参考:ソフトテニスの「進化論」!生物の仕組みを活かした上達法とは?

参考:試合で別格の強さを誇る「ソフトテニス・ネイティブ」になる練習法!

『動的平衡』はソフトテニスの理想的なモデル

ここからはソフトテニスの練習を動的平衡の視点から見ていきましょう。

ソフトテニスのラケットスイングは動的平衡

生命は動的平衡、常に動き続けることで同じ状態を保っています。

ソフトテニスにおけるラケットのスイングは動的平衡の状態にあります。

ポイントは以下の3点。

ソフトテニス上達法カテゴリの最新記事