試合で別格の強さを誇る「ソフトテニス・ネイティブ」になる練習法!

試合で別格の強さを誇る「ソフトテニス・ネイティブ」になる練習法!

今回は、ソフトテニスが上手く試合でも強い「ソフトテニス・ネイティブ」について解説しています。

ソフトテニスが上手い選手のプレーを見ると、流れるような動きで正確なショットを放ちます。

「流れるような」と「正確な」。これらと同じ形容が使われる技能があります。

 

それは「言語」です。

私たちは日本語で会話をするとき、一つ一つ語順などを確認する必要はありません。読み書きにしても同様です。

国語の授業で文の成分などを学習はしますが、それらを学ぶ前の子供の頃から日本語は使えています。

ソフトテニスと言葉の関係についてはソフトテニスの正しいフォーム=言葉の文法?言葉でソフトテニスが見えてくる!でも扱ったテーマですが、今回は別の角度から考察してみます。

言葉という誰にでも身近なものとの関係で考えることで、ソフトテニスの理論が実感を伴うものとして理解できるはずです。

【限定】プレミアム・コンテンツカテゴリの最新記事