「マニュアル対応」をやめるとソフトテニスが上手くなる!

2021年10月15日

今回は、どんな状況にも対応ができるソフトテニス上達法を解説しています。

前衛のボレーには、予想外のコースに打たれた時でもとっさに対応できる柔軟さが求められます。

後衛のストロークでも、シュートやロブの複数の選択肢を打ち分ける対応が必要です。

このように前衛・後衛どちらにも通じるスキルを、「マニュアル対応」という、一見ソフトテニスに関係のないところから考えてみます。

ソフトテニス以外と照らし合わせることで、ソフトテニスがより深く分かることがあります。