船水選手・上松選手・広岡選手…なぜソフトテニスが上手い人はなんでもできるのか?

船水選手・上松選手・広岡選手…なぜソフトテニスが上手い人はなんでもできるのか?

本記事では、ソフトテニス界の若手で活躍中の、船水選手、上松選手、広岡選手のプレーから、上手さの秘訣を考えてみます。

ソフトテニスにおいて優れたプレーヤーは多くいますが、上記3名の選手が、特にオールラウンドなプレーに長けていると思われるからです。

それぞれの選手の成績やプレーの特徴を見た後、その秘訣を探ってみましょう。

船水選手・上松選手・広岡選手のオールラウンドなプレー

ソフトテニスは長い間ダブルスが主流というイメージが強く、前衛・後衛に分けれたプレーが基本だったように思います。

現在ではダブルスでもダブル前衛の陣形が取られたり、シングルスが広がりを見せたりしています。

本稿で取り上げたい3名のトッププレーヤー、船水颯人選手上松選手広岡選手は、ダブルスで成績を残しながら、シングルスでもその強さを発揮します。

船水颯人選手

2019年4月より、日本ソフトテニス界初のプロ選手として活動を開始しました。

全日本シングルス優勝、天皇杯2連覇と、現在のソフトテニス界でトップを走り続けている選手でしょう。

強烈なストロークでラリーができる後衛の選手ですが、試合中に見せるネットプレーもハイレベルです。

後衛のプレーだけで見ても上手いのに、ボレーやスマッシュができる理由は何でしょうか?

上松俊貴選手

高校生初のアジア選手権ダブルス優勝東京インドア優勝

日本ソフトテニス界を代表する前衛として活躍しています。

一方で強力なストローク力もあり、シングルス大会でもたびたび上位進出しています【男子シングルス編】ソフトテニス動画まとめ!【増田選手・中本選手】

広岡宙選手

高校時代には、上岡選手(現同志社大学)とのペアでインターハイ個人ダブルス優勝

現在はNTT西日本広島のメンバーとしてプレーしています。

ダブルスでのポジションは前衛の広岡選手ですが、高いストローク力の持ち主です。

シングルスの試合では力強いシュートボールを打ち、上位に進出しています。

 

以上の3選手は「後衛なのにネットプレーも上手い」「前衛なのにストロークも上手い」という特徴が見られます。

ソフトテニスのトップ選手のプレーを見ると、前衛・後衛というポジションに関係なく幅広い技術を習得していることが多く見られます。

そのようなプレーを見ると、「自分のポジションだけでも難しいのに、どうしてなんでもできるのだろう?」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか?

次章では「トッププレーヤーはなぜ様々なプレーがハイレベルなのか?」について考えてみることにしましょう。

参考:【ソフトテニス】新発想!全てのショットが同時に上達する方法!?

なぜソフトテニスが上手い人は何でもできるのか?

先ほどまでに確認したように、ソフトテニスが上手い人は様々なプレーがハイレベルです。

もちろん、フォアハンドストロークが一番得意という選手が、バックボレーも同じレベルとはいかないでしょう。

ただし一般のプレーヤーから見れば十分に優れた技術を身に付けています。

ソフトテニス上達法カテゴリの最新記事