脳機能で理想のプレーを実現!ソフトテニス上達の2つ目のポイント「イメージ」

2020年5月21日

今回は、ソフトテニス上達の2つ目のポイントを解説します。

『ブレイン・テニス』でお薦めしているソフトテニス上達のポイントは3つです。

3つのポイントのうち1つだけを実践しても十分に効果がありますが、それぞれが相互に関係しています。

バランスよく組み合わせることで相乗効果が働き、ソフトテニスの上達スピードは加速します。

 

イメージの力がソフトテニス上達の鍵

ソフトテニス上達の2つ目のポイントは「イメージトレーニング」です。

本章でのポイントをまとめておきましょう。

 

Point

・ソフトテニスの上達にイメージトレーニングは極めて効果的

・リアルなイメージは現実の体に影響を与える

・理想的なイメージを思い浮かべることで、現実のプレーのレベルが上がる

 

イメージトレーニングという言葉は皆さんご存知だと思います。

しかし具体的な理論を学んだり、実践はしていないかもしれません。

そこでソフトテニスの「イメージトレーニング」について、その効果と実践方法を解説します。

 

イメージトレーニングとは?

イメージトレーニングの具体的な方法を見る前に、少し言葉の説明をしておきます。

イメージトレーニングとは「実際に体を動かして練習するのではなく、頭の中で理想の動作を思い描く(イメージする)ことでパフォーマンスの向上を目指す心理的なトレーニング方法」です。

 

「現実に体を動かして練習するのではない」というところで、効果に疑問を持つかもしれません。

しかし実際にはイメージトレーニングこそがスポーツの上達のために重要です。

現に多くのアスリートたちがイメージトレーニングを実践し、成果を上げています。

 

体を動かして行う練習も大切ですが、高いパフォーマンスにはイメージの働きが不可欠です。

心理実験では、実際の練習よりもイメージトレーニングの方が効果あるという結果も示されています。

 

イメージトレーニングの効果

現実には練習をしていないのに、なぜスポーツが上手くなるのでしょうか?

 

人間は現実(物理的)に体験していないバーチャルな空間に臨場感を感じ、影響を受けます。

人間の脳は「現実」と「仮想」、「リアル」と「バーチャル」を区別しません。

 

「現実の世界と映画の中の世界の区別くらいできている。だからリアルとバーチャルの区別もできている」。

このように思えますよね?

 

確かに本人の意識としてはリアルとバーチャルを違うものと理解しているでしょう。

しかし脳は2つを区別していないのです。

 

このことは、日常の例からも確認できます。

 

・ホラー映画に恐怖を感じて心拍数が上がる

・物語に感動して涙を流す

 

本人は現実の出来事ではない=フィクションであると知りながらも、人間の心と体は現実のものとして反応している。

私たちは既にこの仕組みの上で生きています。

頭の中で思い浮かべられたイメージによって、パフォーマンスが向上する。

イメージトレーニングでスポーツが上手くなることも納得ができます。

 

 

脳は現実とバーチャルとを区別しない。

ソフトテニスのリアルなイメージは脳にとっては現実に等しく、現実の体に対して影響力を持ちます。

ソフトテニス上達というと体を動かして行うものを連想しますが、それだけではありません。

体を動かして行う練習も必要ではありますが、それ以上に重要なのがイメージです。

 

イメージの世界には現時点の自分のレベルは関係がありません。

世界トップクラスの選手の映像を見ることも、自分の理想のプレーを想像することも自由にできます。

イメージの上での自由なプレーは現実の身体活動に確かな影響があります。

 

イメージの世界には物理的な制約がなく、現実に影響を及ぼす。

これが人間のイメージが持っている力です。

 

参考:「イメージ」の力!ソフトテニス上達の2つ目のポイントを徹底分析!

 

ソフトテニスのイメージトレーニングの方法

ここからはイメージトレーニングの具体的な方法を解説します。

 

Point

・イメージには「映像」と「自己イメージ」の2つの面がある

・上級者のプレーを見て、自分の理想のプレーをイメージする

・リアルなプレーのイメージは現実のプレーのレベルを上げる

・自己イメージを上げると、それに相応しい行動が喚起され、能力が身に付く

 

イメージには「映像」「自己イメージ」の2つの面があります。

前半では、イメージを「映像」として捉えたイメージトレーニングの方法について。

その後に「自己イメージ」について解説します。

 

スポーツでのイメージというと映像としての意味合いが強いですが、もう少し広い意味、「思考」として考えてみます。

脳が自分自身について作っているイメージも、能力アップには欠かせない要素です。

 

ソフトテニスのイメージトレーニングの方法

イメージトレーニングのポイントは以下の2つです。

 

①ソフトテニス上級者の動きを繰り返し見る(映像でもOK)

②自分の理想のプレーをリアルにイメージする

 

イメージトレーニングという言葉は主に2つ目の、自分のプレーを頭の中で思い描く意味で使われていると思います。

ですが始めは上級者の動きを見ることをメインにすると良いでしょう。

始めから自分が理想のプレーをしているところをイメージしようとしても、リアリティ=臨場感が出にくいからです。

「臨場感」という言葉はキーワードです。

 

例えば、自分が全日本の決勝で試合をしているところをイメージするとします。

ところが全日本の試合を見たことがなければ、その場面をリアルに思い浮かべることはできません。

まずは見るところから始めましょう。

ソフトテニスのハイレベルなプレーを映像などで脳に焼き付け、イメージの基礎を作ります。

動きを覚えようとする必要はありませんし、ボールを打つ時に意識して真似をする必要もありません。

 

見るだけでもスポーツは上達します。

自分が理想と思う選手の動きを繰り返し見ましょう。

それだけで脳内ではその選手の動きがシミュレーションされます。

 

そしてプレーを見ることに加えて、自分が理想のプレーをしているところをイメージします。

ボールを打つ感触や周囲の歓声、五感を使って臨場感豊かにイメージしましょう。

想像の世界でも、臨場感があれば人間はイメージした方向に自然と移行します。

脳はフィクション=物語の世界にも同調し、リアルな影響を受け取ることができます。

これは先ほどの映画の例からも分かります。

「上級者のプレーを見ること」と「自分の理想のプレーを思い描くこと」をバランスよく行いましょう。

 

ソフトテニスの自己イメージ

イメージは主に頭に思い描く映像のような意味で使われます。

上記のイメージトレーニングも映像としての意味合いで説明しています。

 

ソフトテニスが上手くなめにはもう一つ、「自己イメージ」としての面も押さえておきましょう。

自己イメージとは「自分はどのような人間で、何をなし得るか」というような自己像のことです。

自己肯定感や、自己評価という言葉でも構いません。

 

人間のパフォーマンスは、本人の自己イメージに対応したものになります。

つまり自己イメージが高ければ高いほど、それに相応しい能力が身に付き、成功を収めることができます。

自己イメージが高いとは「自信がある」状態に近いものです。

 

ソフトテニス上達にも高い自己イメージが不可欠です。

「私はソフトテニスが上手い」という、自己能力に対する高い自己評価を脳内に作り上げる。

すると脳はイメージに相応しい行動を取り、能力を獲得していきます。

ソフトテニスの上達には練習という行動が必要ですが、それもイメージによって生み出される結果です。

先に自信を持つことで、後から能力の獲得が促されます。

 

イメージの世界は無限です。

想像の世界の中では、世界一のプレーヤーになることも簡単です。

そして強く思い描いたイメージは、物理空間でのプレーにしっかりと再現されます。

 

参考:【男子前衛編】ソフトテニス動画まとめ!【上松選手・九島選手】

参考:【男子後衛編】ソフトテニス動画まとめ!【船水選手・内本選手】

参考:【女子前衛編】ソフトテニス動画まとめ!【島津選手・半谷選手】

参考:【女子後衛編】ソフトテニス動画まとめ!【林田選手・高橋選手】

 

まとめ

●ソフトテニス上達2つ目のポイントは「イメージトレーニング」

●リアルなイメージは現実のパフォーマンスに影響を与える

●イメージトレーニングの2つの方法

①上級者の動きを見る

②自分の理想のプレーをイメージする

●イメージは映像だけでなく「自己イメージ」も大切

●人間のパフォーマンスは「自己イメージ」に対応したものになる

●ソフトテニスの自己イメージを上げれば、脳機能が上達のために貢献してくれる

●イメージ=想像の世界は無限。無限のイメージの世界を現実に再現できるのが人間の強み