【男子後衛編】ソフトテニス動画まとめ!【船水選手・内本選手】

2020年3月18日

今回は、ソフトテニスのイメージトレーニングに使える動画をご紹介しています。

主に男子の後衛選手の動きが参考になる映像をセレクトしました。

ソフトテニスが上手くなるためには、上手い選手のプレーを見ることが大切です。

ここでは映像が見やすく、見応えのあるものを選ぶよう心掛けました。

 

ソフトテニス男子後衛の動画を活用するために

最近ではインターネット上に試合や練習の動画がアップされており、ソフトテニスの映像が見やすくなりました。

トッププレーヤーの動きを見ることは、自分のレベルアップに繋がります。

 

イメージトレーニングは実際には体を動かしませんが、スポーツの上達に大きな効果がありあます。

脳機能が理想のプレーを実現!ソフトテニス上達の2つ目のポイント「イメージ」にも書いたように、イメージトレーニングには以下の2つがあります。

 

①ソフトテニス上級者の動きを見る(動画でもOK)

②自分が理想のプレーをしているところをリアルにイメージする

 

動画を見ることはイメージトレーニングの「①上級者の動きをみること」に当たります。

上級者のプレーを見るだけで、脳内ではその動きが仮想体験されています。

最高のプレーのイメージは、現実のプレーのレベルを上げる効果が期待できるのです。

 

参考:【男子前衛編】ソフトテニス動画まとめ!【上松選手・九島選手】

参考:【男子シングルス編】ソフトテニス動画まとめ!【増田選手・中本選手】

ソフトテニス男子後衛の動画

それでは、ソフトテニスの男子後衛の動画を見ていきましょう。

トッププレーヤーの映像を見ることは、体の動きだけでなく、状況判断=戦術の参考にもなります。

 

2016年 アジア選手権 男子ダブルス決勝

【内本・丸山 vs 船水・上松】

日本勢同士の組み合わせとなった、アジア選手権のダブルス決勝戦です。

内本選手船水選手のハイレベルな打ち合いが後衛の方に参考になります。

雨天での試合ですが両者ともミスがほとどなく、安定したストロークでラリーを続けます。

前衛のイメージとして、丸山選手上松選手の動きを見るのも面白いでしょう。

 

2018年 インカレ 男子ダブルス決勝戦

【長尾・松本 vs 安藤・内田】

早稲田大学同士の決勝戦となった2018年のインカレです。

長尾選手安藤選手の、強烈なシュートと安定したロブを織り交ぜた試合展開が楽しめます。

チームメイト同士の試合であるためかリラックスした雰囲気が感じられます。

スポーツでは、アウェイ戦よりもホーム戦の方がパフォーマンスが上がります。

決勝戦にリラックス状態で臨めることも一つの強みなのかもしれませんね。

 

2018年 全日本ソフトテニス選手権 男子準々決勝

【安藤・内田 vs 船水・上松】

上記で既にご紹介している、安藤・内田ペアと船水・上松ペアの試合です。

安藤選手と船水選手がそれぞれの持ち味を生かした好ゲームだと思います。

この試合で安藤選手が見せているバックハンドの打ち分けは、多くのプレーヤーのお手本になるでしょう。

 

船水雄太選手&村上選手 乱打映像

NTT西日本広島に所属の、船水雄太選手村上選手による乱打です。

試合展開は見られませんが、後衛の技術が見やすい映像で楽しめます。

映像は乱打だけではなく、ライジングの名手として知られる村上選手が、その見本を披露しています。

ストロークのイメージとしてこの上ない動画でしょう。

 

国際ソフトテニス熊本大会 男子決勝

【楊勝發・李佳鴻 vs イウォンハク・キムジュンユン】

アジア五輪二連覇の実績を持つ楊・李ペアと、イ・キムペアの試合です。

後衛の楊選手、イ選手の強烈なラリーは圧巻です。

 

参考:【ソフトテニス×脳科学】後衛が最短ルートで上手くなる練習法とは?

参考:ソフトテニス史上最強!?超一流前衛&後衛の動画でイメージトレーニング!

 

終わりに

以上がソフトテニス男子後衛の動画のまとめです。

トッププレーヤーの試合は、技術・戦術ともにハイレベルです。

スイングの動作だけでなく、試合展開なども参考になるでしょう。

 

スポーツは見るだけでも上達します。

脳は人の動きを見るだけでも、その動作を自分が行っているかのように仮想体験しています。

ソフトテニスの映像が見やすい環境が整えられていることで、イメージを作りやすくなっています。

積極的に活用して、自分のプレーのレベルアップに繋げたいところですね。

最後に、動画の撮影・投稿者の皆様に感謝を申し上げます。