【男子前衛編】ソフトテニス動画まとめ!【上松選手・九島選手】

2020年5月22日

今回は、ソフトテニスのイメージトレーニングに使える動画をご紹介します。

特に男子の前衛施主の動きが参考になるものをまとめました。

ダブルスの試合映像は後衛選手の動きにも参考になります。

 

ソフトテニス男子前衛の動画を活用するために

前衛トップ選手のプレーを見ることで、イメージトレーニングの効果が得られます。

前衛のネットプレーには「ポジション」「タイミング」の2つが重要です。

言葉で説明を受けるよりも、トッププレーヤーの動きを映像で見る方が参考になります。

 

脳機能が理想のプレーを実現!ソフトテニス上達の2つ目のポイント「イメージ」にも書いたように、イメージトレーニングには以下の2つのポイントがあります。

 

①ソフトテニス上級者の動きを見る(映像でもOK)

②自分が理想のプレーをしているところをリアルにイメージする

 

動画を見ることはイメージトレーニングの①上級者の動きを見ることに当たります。

 

人間にとっての「現実」は脳の情報のことを意味します。

現在最も臨場感を感じている空間が、その人にとっての「現実」です。

ソフトテニスのリアルなプレーのイメージは、現実のレベルを引き上げてくれることでしょう。

 

参考:【男子後衛編】ソフトテニス動画まとめ!【船水選手・内本選手】

参考:【男子シングルス編】ソフトテニス動画まとめ!【増田選手・中本選手】

 

ソフトテニス男子前衛プレーヤーの動画

ここからは、ソフトテニスの動画をご紹介します。

試合や練習の映像で、前衛のプレーのイメージが掴めるものをピックアップしています。

 

2017年 東京インドア 本倉・上松ペア

本倉・上松ペア高校生初の東京インドア優勝となった試合のポイント集です。

前衛、上松選手の好プレーが連続で見られます。

 

2017年 関東選手権 一般男子準決勝

【内本・星野 vs 林田・柴田】

前衛は星野選手柴田選手。星野選手は2016年の天皇杯チャンピオン(ペアは船水颯人選手)で、柴田選手は2017年の全日本インドアを制しています(ペアは林田選手)。

こちらの試合は特にプレーが見やすい映像で、かつ内容もハイレベルだと思います。

基本プレーを確実にこなしながらも、要所でスーパープレーも披露する見応えのある試合です。

 

2015年日本代表選考会 三次リーグ

【船水雄太・九島 vs 安藤優作・安藤圭祐】

2015年日本代表選考会のハイライトです。

前衛は九島選手安藤圭佑選手。こちらの動画の中では、特に九島選手のボレー、スマッシュの場面が多いように思います。

二人の前衛による無駄のない洗練されたネットプレーが参考になります。

 

国体練習会 九島選手 スマッシュ&ローボレー

現在ミズノに所属している九島選手の練習中の映像です。

その場でのボレー・スマッシュの練習が中心です。

ポジションやフットワークはあまり見られませんが、各ショットのスイングが大変参考になります。

 

2019全日本社会人 船水颯人・中本のプレー集

全日本社会人でペアリングされた、船水颯人選手中本選手のハイライトです。

ご存知の通り、船水選手は日本ソフトテニス界で史上一人目となるプロ選手。

普段はペアを組んでいない中本選手と臨んだ全日本選手権でしたが、圧巻のプレーで見事優勝を果たしました。

中本選手のスピーディかつ正確無比なネットプレーに注目です。

 

中本選手・長江選手 ボレーボレー

NTT西日本広島所属(当時)の中本選手長江選手によるボレーボレーです。

両選手とも現在はダブル前衛を主体としたフォーメーションで、ローボレーの技術に特に優れた選手たちでしょう。

ローボレーの動きは試合だとあまり見られませんが、こちらの映像だとラケットワークなどが分かりやすいですね。

 

参考:【ソフトテニス×脳科学】前衛ボレーの精度を上げる「タッチ」とは?

参考:【ソフトテニス×脳科学】前衛ボレー&スマッシュの「タイミング」を掴むコツ!

 

終わりに

以上がソフトテニス動画の男子の前衛編です。

前衛は試合中ボールにタッチする回数が後衛よりも少なめです。

そこで参考になるのがトッププレーヤーの「練習動画」です。

 

以前は視聴機会が限られていたソフトテニスの映像ですが、現在では多くの動画がインターネット上にアップされています。

積極的に活用して、ハイレベルなプレーのイメージを作り上げましょう。

最後に、動画の撮影・投稿者の皆様に感謝を申し上げます。