ソフトテニスの練習&試合に不可欠!「無意識」の働きを学ぼう!

ソフトテニスの練習&試合に不可欠!「無意識」の働きを学ぼう!

本記事では、ソフトテニスの練習、試合のどちらにおいても重要な、無意識について解説します。

「無意識」とはその名の通り、本人が気が付いていない心の領域を意味します。

無意識はその性質上、日常の中で働きを自覚することは難しいでしょう。

本稿では心理実験の例などを通して、無意識の働きを学んでいきます。

ソフトテニスのプレーに不可欠な「無意識」

「ゾーン」への扉が開く!?ソフトテニス上達の1つ目のポイントを徹底分析!などの記事で触れてきた通り、ソフトテニスの優れたプレーは「無意識」を上手に使うことが不可欠です。

 

ここでは私たちの脳と心の働きのうち、気が付いている活動を「意識」、気が付いていない活動を「無意識」と考えます。

意識と無意識の関係は、しばしば氷山に例えられます。

氷山の例は、人間の心の中で、無意識の領域が非常に大きいことを示す比喩です。

私たちが感じている意識というのは氷山の一角であって、水面下の見えない部分では巨大な無意識の働きがあることを意味します。

 

日常で感じられる無意識の働きとしては、心臓の鼓動や呼吸などが挙げられるでしょう。

それぞれ脳によってコントロールされていますが、普段は意識して行う訳ではありません。

無意識の活動は自動的で楽なものです。

しかも、いくつものタスク(課題)を並列的に処理することができます。

 

ソフトテニスで体が自動的に動き、「ボールの動き」「プレーヤーの動き」など様々な情報を同時に処理、瞬時にベストな選択を行う。

このような理想的な状態は、集中し、無意識でプレーすることによって可能になります。

これは集中が極限まで深まった「ゾーン」の体感とも符合します。

 

本人に自覚がないという無意識の性質上、その働きは日常生活では自覚されにくいものがあります。

そこで、脳科学や心理学で実際に行われた実験を参考にしてみましょう。

私たち人間の心や体の働きにおける、無意識が占める大きさを感じられることと思います。

参考:【ソフトテニス】反応・技術・試合展開…すべてが飛躍的に上がる秘訣とは?

無意識の働きを活かすとソフトテニスが上手くなる

脳科学・心理学の分野における実験を通して、無意識の働きを学んでみましょう。

条件を設定した実験を行うことで実感が湧きづらい心のメカニズムを感じ取ることができます。

写真の実験

男性に女性2人の写真を見せて、より好みだと思う人物を選んでもらい、それを分析した実験です。

2人の異なる女性の写真を用意し、被験者の男性に見せます。

女性の写真のうち、「自分がより好みだと思う方の女性の写真を選んでください」とお願いします。

 

実は写真を見せているのは手品師で、相手に分からないように写真をすり替え、選んでいない方の写真を相手に見せてこう尋ねます。

「どうしてこちらの女性を選んだのですか?」

多くの被験者は写真のすり替えに気が付かず、選んでいない写真について、自分が好みだと思う理由を述べるそうです。

 

この実験から分かることは何でしょうか?

試合カテゴリの最新記事