ソフトテニスの試合戦術を活かす「無意識」の使い方!

ソフトテニスの試合戦術を活かす「無意識」の使い方!

本記事では、ソフトテニスの試合で実際に戦術が使えるようになる方法を解説しています。

他の記事では、前衛の戦術後衛の戦術なども解説しています。

ソフトテニス上達の基本は、技術=ボールコントロールを身につけることにあると思います。

しかし、どのようなスポーツでも、ハイレベルな選手というのは高い視点から試合全体を見渡せるようなプレーができるものです。

磨いた技術を試合で活かすためには、試合展開まで含めたプレー=戦術が必要になってきます。

上記の記事でも説明している戦術ですが、これらを実際の試合に活かすためのポイントを、今一度確認しておきましょう。

ソフトテニスの試合戦術を活かすためのポイント

ソフトテニスの戦術を試合で活かすために本当に大切なことは「理論」ではなく「実践」です。

実際のソフトテニスの試合における戦術とは「直観」という形で現れることが多いです。

頭で考えることではなく体で感じることによってこそソフトテニスのレベルが上がっていきます。

ソフトテニスの試合戦術の基本

頭を使って考えるのは以下のような時間に行うようにしましょう。

■高い視点で考えるタイミング

・試合のポイントとポイントの間

・ソフトテニスをしていない時間

簡単に言うとインプレー中は戦術について頭で考えないということです。

 

ソフトテニスのプレーをしていない、インプレーでない時間をアウトオブプレーと言ったりしますが、考えるのであればその時間に行う方が良いでしょう。

実際のプレーを行っていない時にだけ、「どのコースを狙うか?」「相手の動きに対してどう対応するか?」と考えたり、イメージを行います。

 

反対に実際のプレーに入るとボールをよく見て目の前のプレーに集中する必要があります。

集中力を高めておけば直観が働き、相手が予測外の動きをしても反応できます。

 

直感というと曖昧なものだというイメージがあるかと思いますが、人間が持つ重要な能力です。

相手前衛の動きを何となく感じ取ってコースを変えたりする試合の組み立ては、直観の働きなしには行えません。

そしてそのような直観による試合展開こそが、ソフトテニスの重要な戦術なのです。

【心理実験】ソフトテニスの試合で使える直観を理解する

直観の働きを示す面白い心理実験があります。

被験者はレバーを操作してゲームを行いそのスコアに応じて賞金が支払われます。

 

ゲームを始める前に画面上に1円か100円のコインの画像がランダムで表示され、以下の条件を提示しました。

 

・1円画像が表示された場合→ゲームのスコアの1倍の賞金

・100円の画像が表示された場合→ゲームのスコアの100倍の賞金

 

fMRIで脳の活動を記録すると、100円の時の方が、被験者のやる気を示していると思われる部分の活性化が見られました。

 

この実験の面白いところは、ここからです。

試合カテゴリの最新記事