ソフトテニスはフィードバックと自動調節で上手くなる!

ソフトテニスはフィードバックと自動調節で上手くなる!

本記事では、ソフトテニスの上達のコアとも言える「ボールコントロール能力」の向上方法を解説していきます。

ソフトテニス上達の仕組みが分かれば、その仕組みに合った練習を実践することができ、上達する可能性がアップします。

本稿でのキーワードは「フィードバック」「自動調節」です。

ソフトテニス上達の中心「ボールコントロール」を理解する

ソフトテニス上達の理論を説明するために、まずソフトテニスが上手くなるとはどういうことかを整理しておきます。

ソフトテニスには技術、メンタル、戦術などの要素がありますが、ここではソフトテニス上達を技術が上がることとしておきます。

 

ではソフトテニスの技術とはなにかと言えば「ボールコントロール能力」と言い換えられます。

「自分が思い描いているボールの軌道を現実に打つことができる能力」のことです。

ボールコントロール能力を磨く方法をソフトテニス上達法として、そのために重要な脳の仕組み、体の仕組みを見ていきましょう。

フィードバックを使えばソフトテニスは上手くなる

ソフトテニスでイメージ通りにボールが打てるようになるには、フィードバックという脳の学習のプロセスが必要です。

ソフトテニスの上級者は、フィードバックの働きを頭で理解していなくても、自然にその仕組みに合った方法で練習しているのです。

 

フィードバックとは「ある出来事の結果がその原因の側に戻って影響を与えること」です。

一般的には原因によって結果が起こると見ますが、フィードバックの場合は結果の側から原因にアプローチする働きや考え方です。

以下でフィードバックの具体例を見ながら確認してみましょう。

 

学校のテストの例】

学校でテストを受けたあとには受験者が行った勉強の成果が点数として返ってきます。

言うならば、勉強「原因」点数はその「結果」です。

返ってきたテストの点数によって、どこが理解できていて、どこが理解できていないのかを分析することができます。

テストの点数という結果をデータとして、原因であった勉強の側を改善することができます。

 

【ペットボトルロケットの例】

ペットボトルロケットの飛距離の実験をしているとします。

「地面に対してどの角度でロケットを飛ばせば、最も飛距離が伸びるのか?」

「ペットボトルロケットは、どのような軌道を描いて飛んでいくのか?」

これらを確かめるためには、何度も実験を行ってロケットの動きを表すデータを集める必要があります。

「角度」や「飛距離」などの記録をもとにすることで、次に発射するための角度などの条件を修正していきます。

このとき、記録された飛距離や軌道という結果(データ)から、原因となる発射角度などを修正することができます。

 

以上2つの例では、テストを受けた結果から学習することや、ペットボトルロケットを飛ばすことで修正することが示されています。

トライ&エラーや試行錯誤という言葉にも通じるところがあります。ポイントは、結果を受け取ってそこから学び、次へと繋げるという点です。

「打ったボールの情報を脳に送る」のがソフトテニスのフィードバック

先述したように、ソフトテニスが上手くなるためにはフィードバックの働きを使うことが大切です。

ソフトテニスのボールコントロールにおけるフィードバック。

それは「自分が打ったボールという『結果』から自分の体の動きという『原因』を調整し改善すること」です。

後衛【ストローク】カテゴリの最新記事