ライジングは「4次元テニス」!?ソフトテニスの後衛ストローク練習法!

2021年10月15日

今回は、後衛のストローク技術の1つであるライジングの理論と練習メニューを解説しています。

ソフトテニスは「次元」と親和性があります。

プレーのレベルを次元ごとに対応させると、すっきりと整理ができます。

ソフトテニスと次元の関係についてはソフトテニスは「次元」が上がると上達する!で詳しく解説しています。

ライジングは次元でいうと「4次元」のプレー。

ライジングが4次元と言われても分かりにくいかと思いますので、1つずつ整理していきましょう。