【ソフトテニス】最速でバックハンドが上手くなるコツとは?

【ソフトテニス】最速でバックハンドが上手くなるコツとは?

本稿では、ソフトテニスのバックハンドが上達するコツを解説しています。

バックハンドはソフトテニスのショットの中でも苦手な選手が多いですが、練習の方法次第では得意なプレーにしていけるでしょう。

バックハンドが苦手な原因&解決法

体の利き手側で打つショットがフォアハンドであるのに対して、バックハンド利き手と反対側(右利きでは左側)を打つショットです。

なぜバックハンドが苦手な人が多いのか?

ソフトテニスでバックハンドが苦手な人が多いのはなぜでしょうか?

最も大きな原因はバックハンドを打つ回数がフォアハンドに比べて少ないことだと思われます。

簡単に言えば慣れの問題です。

誰でもソフトテニスを始めた頃は、フォアハンドもあまり打てなかったことでしょう。

練習回数が多いフォアハンドと比べれば、バックハンドに慣れていないのは自然なことです。

バックハンドの技術

バックハンドの技術で大切になるのが「感覚」です。

こう言うと「感覚で打つなんてムリだ」と感じてしまうかもしれませんが、ソフトテニスのすべてのショットのベースにあるのは体の感覚です。

ラリーの中で飛んでくるボールは毎回違います。つまり初級者から上級者までプレーヤーは毎回違うスイングで動きを調節しなければならない。

これはフォームを意識してできることではありません。

歩くときのバランスが自然と保たれるような、ヒトの体に備わっている直観的な働きを活かすことが大切なのです。

バックハンドのサイクル

バックハンドの「練習回数」と「苦手意識」にはサイクルがあります。

バックハンドが苦手だとフォアに回り込むことが多くなります。フォアに回り込んで打つことでバックを打つ回数がますます減り、バックハンドが苦手という意識が強くなる。

バックを打つ回数が少ない→バックの苦手意識→フォアに回り込む→バックを打つ回数が少くなる→…

これがバックハンドが上手くいかないサイクルです。

フォアが得意になりやすい背景

ソフトテニスでバックよりもフォアが得意になりやすいのは、スポーツなどでフォア側の体の動きに慣れやすいことも背景にあるでしょう。

例えばフォアは「ボールを投げる動作」と体の使い方が似ています。小さい頃にキャッチボールなどに慣れ親しんでいると、フォアハンド側の運動のベースが作られるでしょう。

野球やソフトボールのバッティングも、利き手の向きから考えるとフォア側の動作でしょう。

 

慣れでバックが上手くなる例としては、前衛にはバックハンドが得意な選手が多いことが挙げれらます。「フォアハンドよりもバックハンドの方が得意」という人も珍しくありません。

前衛は乱打もレシーブも逆クロス側で右利きの選手はバックハンドを打つ機会が多くなります。

このような前衛の例は、慣れによってバックハンドが上手くなることを示していると言えます。

Point

バックハンドの技術は感覚→反復練習による慣れで上手くなる!

・バックハンドが苦手なのは打つ回数が少ないから

・バックが苦手になるとフォアに回り込み、ますます練習回数が減る

・ソフトテニス以外の動作でも運動機能はプレーに使える

参考:【ソフトテニス】バックハンドは「体の邪魔をするのをやめる」と上手くなる!

参考:【ソフトテニス】バックハンドが「ボールを打たずに」上手くなる!?秘密の練習ガイド!

バックハンド上達のコツ

バックが苦手の原因が打つ回数が少ないこと=慣れの問題だということを確認しました。

ここからはバックハンドが上達するための練習方法について解説していきます。

ソフトテニスが上達する仕組みを押さえよう

まず、サーブ、ストロークなどソフトテニスの技術がどのように上達するのか、その仕組みを簡単に知っておきましょう。

ソフトテニスが上手くなるのは「脳」の働きです。

体を動かすスポーツですから実感は湧きにくいですが、学習する役割を担っているのは脳です。

脳がなにかを学ぶためには繰り返し練習することが基本です。

繰り返し考えたり、体を動かしたりすることで、脳が新しい神経のネットワークを作り上げていきます。これが学習です。

これは自転車の練習をイメージすると分かりやすいと思います。反復練習で、なんとなく乗り方が分かっていきますね。

 

新しい神経ネットワークを作ること。これが先ほどバックハンドについて書いていた慣れ感覚の正体です。

バックハンドを繰り返し打つことによって脳が学習し、自転車と同じように、感覚が磨かれていきます。

最速!バックハンドが上達する練習方法

それでは、バックハンドの具体的な練習方法を見ていきましょう。

特別な練習メニューを行う必要はありません。普通の練習を正しく行うことです。

①ボールだけに集中してバックハンドを打つ

②バックハンドを打つ回数を増やしてみる

ポイントは以上の2つ。順番に説明していきます。

ポイント①ボールだけに集中してバックハンドを打つ

バックハンドの練習では「ボールだけに集中」してボールを打ちます。

フォーム(打ち方)は気にせず、ボールをよく見て余計なことは考えないようにします。

実は、ボールを打つ時に頭の中で考えることは脳の働きを邪魔することになってしまうのです。

・脳には集中しているものを重要なものとして記憶する性質がある

・ソフトテニスでプレーヤーはボールに合ったスイングが必要

ボールに合ったバックハンドのスイングを身に付けるためにはボールに集中し、ボールの情報を脳がキャッチできる状態で練習を行うことです。

 

飛んでくるボール。打つ瞬間のボール。自分が打ったボール。

動画で撮影するように、ボールをよく見て集中することを繰り返し行ってください。

打った後に飛んでいくボールもよく見ることが上達のコツです。

打った後のボールを見ることで「どのようなスイングで、どのようなボールが飛ぶのか」というデータが自然に脳に伝わります。

始めのうちは効果が感じられなくても、気楽に試してみてください。

ポイント②バックハンドを打つ回数を意識的に増やす

先にも書いた通り、バックハンドが苦手な最大の原因は打つ回数が少ないことです。

それならば、バックを打つ回数を増やすことで解決できるはずです。

脳は繰り返しによって自動的に学習してくれますから、バックハンドの反復練習を行えば自然と上手くなっていく。

やはり自転車の場合と同じで、始めは上手くいかなくても続けるうちに感覚がつかめます。

 

方法としては例えば、乱打中にフォアに回り込んで打てるボールでも、練習のためにあえてバックで打ってみます

このときにも「ボールに集中」してバックハンドを打ってください。

練習メニューに「バック乱打」「バックハンドの1本打ち」など、バックハンドで打つことを指定した練習を取り入れてもいいでしょう。

+α バックハンドの得意意識を持つ

人間の体は脳(心)がコントロールしています。

「バックハンドが得意だ!」と思っていると、そのセルフイメージに合わせて本当に得意になっていきます。

実践ワークとしては「私はバックハンドが得意だ」のようなポジティブなセルフトークだけを行うこと。声に出しても、心の中でも構いません。

 

バックハンドの練習という行動を起こすのも、その原動力として心の働きがあります。

バックハンドを打ちたくないと思っているとフォアに回り込んでますます練習回数は減っていきます。

苦手意識が強いと、プレー中にボールを打つときにも雑念プレッシャーが湧きやすい状態になるでしょう。

 

「得意だ」「苦手だ」。

どちらの場合も、脳がその自己イメージに合う状態を維持します。

イメージの重要性は「数学が苦手」など、勉強のような他の分野についても言えることです。

ポジティブなセルフイメージを作り上げることで、後から現実のパフォーマンスが上がるのです。

Point

脳は繰り返しによって自動的に学習する

「ボールに集中」することで脳がバックハンドを最短ルートで習得する

・意識してバックハンドを打つ回数を増やしてみる

参考:脳が最速で学習する!ソフトテニス上達の1つ目のポイント「集中」

参考:【ソフトテニス】もう一歩先へ!バックハンドのコツと試合でのメリット

まとめ

●バックが苦手なのは打つ回数が少ないから→慣れれば上手くなる!

●フォアハンドを多く練習している分バックハンドが難しく感じられる

●バックハンドの練習方法

①ボールだけに集中してバックハンドを打つ

②意識的にバックを打つ回数を増やす

自転車に乗るときのように、反復練習によって脳は自動的にバックハンドを学習する

●フォームなどを頭で考えず、ボールに集中して体の自然な動きに任せてスイングする

後衛【ストローク】カテゴリの最新記事