ソフトテニスは「自動操縦」で上手くなる!

ソフトテニスは「自動操縦」で上手くなる!

ソフトテニスは自動操縦に任せると上手くなります。

自動操縦機能は「オートパイロットシステム」とも呼ばれ、船や飛行機の運行には普通に使われているものです。

自動車でも試験的ではありますが自動運転での走行が行われています。

行き先を設定すれば人が操作する必要はなく、進路に合わせて機体が自動的に操縦されます。

脳の「自動操縦機能」を使うと、ソフトテニスが格段に上手くなります。

ソフトテニス上達の1つ目の自動操縦

ソフトテニスの1つ目の自動操縦は「プレー」です。

プレー面での自動操縦は、体の動きを無意識の自動的な操作に任せることです。

 

ソフトテニスではフォームを意識することが指導されますが、この方法で上手くなるのは難しいでしょう。

ソフトテニスで打たれるボールは毎回違います。

その毎回違うボールを1000分の4~6秒と言われるインパクトの瞬間にラケット面で正確に捉える。

これがソフトテニスのショットです。

 

頭でフォームを意識しながら毎回正確にできるでしょうか?

「しっかり意識して…」どころか、ソフトテニスのショットは無意識の自動操縦に任せるしかありません。

私たちは座っているときや歩くとき、無意識によって自動的に体の動きが調節されています。

体のバランスを常に保ちながら、周囲の物や人の動きに合わせて動くことができます。

これらを一つ一つ意識して行うことは困難を極めますが、無意識の自動操縦機能によって自然に行われていることです。

脳と心・マインドカテゴリの最新記事