【ソフトテニス】「体で覚える」前衛ポジション練習法!

【ソフトテニス】「体で覚える」前衛ポジション練習法!

今回は、前衛のポジションについて解説します。

ソフトテニスでは後衛と前衛のポジションが分かれた陣形が多く、多彩な戦術が醍醐味でしょう。

ポジションは後衛・前衛の両方に関わりますが、特に重要なのは前衛のポジションです。

前衛のポジションの本質でば後衛のポジションシングルスのポジションにも通じるもので、ご自分のポジションに関わらず押さえて頂きたいポイントです。

なお本記事はサイトリニューアルに伴い大幅な修正を加えたものです。

前衛のポジションの基本を押さえよう

前衛ポジションの基礎を見ていきましょう。

本章のポイントはこちらです。

Point

・前衛のポジションは「ボールとコートの真ん中を結んだ線の上」

前衛は相手がボールを打つ前に動き始めるため「ポジション」「タイミング」が特に重要

・プレーヤーはボールの予測落下地点に移動するため、ポジションの基準はボールを基本とする

それでは詳しく確認してみましょう。

なぜ「前衛」にポジションが求められるのか?

前衛はソフトテニスのルール上定められているポジションではありませんが、多くの場合ダブルスでは後衛と前衛に分かれる雁行陣がんこうじんの陣形を取ります。

ソフトテニスでポジションと言うときには前衛がメインですが、後衛やシングルスでも重要な要素であることは先述した通りです。

 

なぜソフトテニスでは前衛のポジションが重視されるのでしょうか?

それは前衛プレーヤーは相手が打ってからボールを取りに行っても間に合わないからです。

前衛は相手プレーヤーとの距離が近く、あらかじめコースを予測しボールを取りに行ける立ち位置=ポジションを取ることが求められます。

前衛の「正しいポジション」とは?

前衛のポジションをまとめると以下のようになります。

・前衛ポジションの基本は「ボールとコートの真ん中を結んだ線上」

中間位置(ミドル)に立つことで「クロス」「ストレート」の両方が選択肢になる

前衛はラリー中にミドルの位置(中間位置)に立てば、そこから「クロス」「ストレート」の両方をボレーしに行くことができます。

ここでは話をシンプルにするために、ミドルのケアやスマッシュは一端置いておきます。

ミドルの軌道上に立つことで選択肢が生まれる

前衛はラリー中に「クロス」「ストレート」の選択を瞬間的に行います。選択肢を「ポーチボレー(後衛側)」「ディフェンス(前衛側)」と言ってもいいでしょう。

基本となるホームポジションは「クロスとストレートの中間」=「ミドル」のコース上になります。

中間地点に立つことによって、クロスとストレートの両方のコースへと動き出せる準備ができるからです。

「相手後衛がもしミドルに打ったとしたら、ネット上のどこを通るだろうか?」

このようにイメージしたときのボールの軌道上がポジションの基本です。

ペアでコートを半々に分けるとポジションがズレる

「前衛と後衛がコートを半々で担当するのがポジションだ」というイメージが持たれることもありますが、これだと展開が変わった時に上手く対応することができません。

対応できない理由は「クロス展開」と「ストレート展開」とではボールのネット上の通過点がズレるからです。

「相手後衛がミドルに打ったときのボールの軌道」が中間ですが、相手プレーヤーの位置によってボールの軌道が変わるのです。

相手後衛の動きに合わせる=ボールの落下地点に動く

前衛がポジションを合わせるときには、相手後衛の動きを見て行います。

基本的には、相手後衛が動いた方向に自分も動いてポジションを調整します。

相手後衛が動く先にはボールの落下地点があり、そこがボール軌道のスタート地点となるからです。

前衛のポジショニングは感覚で行う

ここまで前衛のポジショニングについて解説しましたが、実際のプレー中にこのようなことを考えるわけではありません。

大まかなポジションのイメージだけを掴んでおき、慣れるまでは何度でも失敗を重ねましょう。

失敗と言うとマイナスなイメージの言葉ですが、上手くできるようになるための必要なプロセスです。

具体的な練習方法は次章で解説していきます。

参考:「マニュアル対応」をやめるとソフトテニスが上手くなる!

前衛のポジションを身につける練習

ソフトテニスの前衛のポジションは「ボールとコートの真ん中を結んだ線上」でした。

前衛のポジショニングは実際のプレー中には頭で考えるのではなく体の感覚が重要です。

本章のポイントはこちらです。

Point

試合展開のスピードに合わせるためには前衛は直観に任せて動く

・前衛の「経験」を繰り返し積むことで、脳がプレーのパターンを学習する

自転車の練習のようにエラー(失敗)をデータとしながら脳は繰り返しによって学習する

それではポジションを身に付ける練習について詳しく見ていきましょう。

前衛のポジションは経験をベースにした直観

前衛はゲーム中に瞬時に最適なポジションに立てることが理想です。

そのためには何度も前衛の経験を積んで体でポジションを覚える必要があります。

ソフトテニスのプレーの本質は感覚です

前章でのポジションについての説明はプレー中に頭で考えることではありません。

動きの基礎をイメージとして掴んでおいて、後は現実に経験を積み体で覚えるものです。

私たちは普段からポジショニングをしている!?

皆さんは「人間は普段から前衛のようなポジション取りをしている」と言われると「え、そんなことしていないよ!」と思われるかもしれません。

しかし想像してみてください。

歩道を歩いているときに、前から歩いてくる人がいればぶつからないようにコースを変えます。

相手が同じ側に動くとまたぶつかりますから、タイミングを合わせて駆け引き(?)を行います。

 

これは人間の祖先である動物にも見られる本能レベルの能力です。

猫などの動物に近づこうとすると「警戒して身構える」距離があり、さらに近づくと「一目散に逃げる」行動に出ます。

私たち人間も自然界で生きてきたころと体は同じで、「距離感」「タイミング」などの体感は進化の過程で備わっている能力であることを覚えておいてください。

前衛のポジションを体で覚える練習メニュー

ここからはポジションを体で覚えていくための具体的な実践方法を見ていきましょう。

①ボールに集中してネットプレーを行う

②相手後衛が動いた方向に自分も動く

前衛のポジショニングのポイントは以上の2つです。

ポイント①ボールに集中してネットプレーを行う

前衛がネットプレーをする時の基本意識はボールに集中することです。

ボールをよく見て一点集中することで、体のスムーズな動きを引き出すことができます。

反対に頭(言葉)であれこれと考えている状態では体の直観的な働きを活かすことができません。

また、ボレー・スマッシュなどの優れたショットを行うためにはボールを捉えるインパクトが必須です。

集中を深めて雑念が減ったクリアな意識を作ってプレーに臨みましょう。

脳は自転車の練習のように反復練習よって自然に学習しますから、上手くいかなくても気にせず繰り返しましょう。

ポイント②ネット前についたら相手後衛が動いた方向に自分も動く

前衛はプレー中ボールに集中することがお薦めです。

しかし、自分のペアの後衛がボールを打つ(ボールが後ろにある)ときにはボールが見えません。

このときも頭で考えすぎずに、リラックスして目の前のプレーに集中しましょう。

頭で考えると、かえって試合展開を感じ取る動物的な体の働きが使いづらくなってしまいます。

ポジションの調整は相手後衛の動きに合わせて行いましょう。

繰り返し経験を積むことで直観的に体が動くようになっていきます。

道を歩くときのように、何度も経験を積み、トライ&エラーで運動は脳内で学習されていくのです。

前衛のイメージトレーニングを行う

前衛上達にはイメージトレーニングを取り入れることがお薦めです。

イメージトレーニングを行うだけでも現実の運動パフォーマンスが向上します。

 

脳は現実とイメージを区別していません。

・フィクションの映画をて感動で涙が出る・恐怖で心拍数が上がる

・頭の中でレモンを食べるところを想像すると現実に唾液が出る

人は臨場感の強いイメージから現実の体験と同じような影響を受けます。

 

前衛のポジションを習得するためには、トップ選手の動きを見ることが効果的です。

YouTube上の動画などで前衛選手の動きを繰り返し見て、動きを脳に刷り込みましょう。

模範となるプレーを見ることで自分のポジションも自然につかみやすくなるはずです。

上級者の動きでビビットなイメージが作られたら、自分が理想のプレーをしているイメージもお薦めです。

参考:【ソフトテニス】ボレー&スマッシュの「タイミング」を掴むコツ!

後衛&シングルスのポジション

最後に後衛やシングルスのポジションについても少し触れておきます。

ここまでの内容で、前衛のポジションの基準はボールだと確認しました。

後衛やシングルスのポジションも、ボールに合わせて動くことで正しいポジションに立つことができます。

ソフトテニスのプレーの共通点

前衛、後衛、シングルス。

これら3つの全てに共通するのは「ボールのところに行ってボールを打つ」ということです。

前衛のポイントとして挙げた「ボールに集中してクリアな意識状態を保つこと」後衛やシングルスにも通じる方法です。

 

前衛の場合は相手後衛の動きに合わせて動いていましたが、それはボールの落下地点が相手後衛の動きから察知できるからです。

後衛やシングルスの場合は本人がラリーをしていまから、自分が打ったボールに合わせてポジションを調節します。

後衛・シングルスのポジションの基本

後衛やシングルスなどストロークを打つ場合には「自分が打ったボールに対して対角線になるポジショニングを行うこと」が基本です。

相手がボールを打つ位置が変わると、飛んでくるボールの軌道(高さや角度)が変わるからです。

前衛の場合と同じように、相手プレーヤーからのボール軌道に対してニュートラル(中間)なポジションに立って対応します。

 

後衛やシングルスのポジションの練習も、前衛の場合と基本的には同じ方法が使えます。

①ボールに集中して後衛・シングルスの経験を積む

②後衛・シングルスのトップ選手の動きを見てイメージトレーニングを行う

以上の2つをバランスよく行うことによって、脳が自然に最適なポジションを学習し、感覚として体感されます。

参考:脳機能が理想のプレーを実現!ソフトテニス上達の2つ目のポイント「イメージ」

参考:【男子前衛編】ソフトテニス動画まとめ!【上松選手・九島選手】

参考:【女子前衛編】ソフトテニス動画まとめ!【島津選手・半谷選手】

まとめ

●前衛のポジションの基本は「ボールと真ん中を結んだ線上」

ポジションの基準はボールが基本

●前衛のポジションを練習する方法

①前衛としての経験を積む(トライ&エラー)

②前衛のトップ選手の動きを繰り返し見てイメージトレーニングをする

前衛・後衛・シングルスはすべて「相手がボールを打つ位置」でポジションが決まる

●ボールに対応した動きが直観的にできるようになるとソフトテニスのレベルが上がる

前衛【ボレー・スマッシュ】カテゴリの最新記事