試合で別格の強さを誇る「ソフトテニス・ネイティブ」になる練習法!

試合で別格の強さを誇る「ソフトテニス・ネイティブ」になる練習法!

本記事では、ソフトテニスが上手く試合でも強い「ソフトテニス・ネイティブ」について解説しています。

ソフトテニスが上手い選手のプレーを見ると、流れるような動きで正確なショットを放ちます。

「流れるような」と「正確な」。これらと同じ形容が使われる技能があります。

 

それは「言語」です。

私たちは日本語で会話をするとき、一つ一つ語順などを確認する必要はありません。読み書きにしても同様です。

国語の授業で文の成分などを学習はしますが、それらを学ぶ前の子供の頃から日本語は使えています。

ソフトテニスと言葉の関係についてはソフトテニスの正しいフォーム=言葉の文法?言葉でソフトテニスが見えてくる!でも扱ったテーマですが、今回は別の角度から考察してみます。

言葉という誰にでも身近なものとの関係で考えることで、ソフトテニスの理論が実感を伴うものとして理解できるはずです。

試合で圧倒的な強さを誇る「ソフトテニス・ネイティブ」とは?

「ネイティブ」という言葉には主に2つの意味があります。

 

【ネイティブ】の意味

①ある土地にもともといる人

②ある言語を母国語として話す人

 

今回の内容で注目したいのは2つ目、言語としてのネイティブです。

言語におけるネイティブ

母国語話者のことをネイティブスピーカーと言いますが、この人たちは文法などを学ばずにある言語を感覚として自然に習得しています。

例えば英語のネイティブスピーカーは英語を母国語として学び、流暢に話すことができます。

しかし英語を外国語として単語や文法を学んでもカタコトなまま、というのは多くの方が経験していることでしょう。

ネイティブスピーカーは言語体験に基づいて感覚で話しますが、言葉についての説明をまとめた文法を学んでも、ネイティブの様な感覚は磨かれません。

 

会話や文章が先にあって、それを分析し整理した結果が文法です。

つまり文法とは後付けの理論であって、文法を覚えることで言葉を学ぶのは、原因と結果の関係が入れ替わった学習方法だと言えるでしょう。

語学と言うと単語や文法を覚えるイメージを抱きがちです。

しかし本当にある言語を習得したければ、ネイティブのように感覚を磨くことが不可欠です。

 

英語だけを使う環境にいるだけで、驚くほど早く英語が身に付くという事例はいくつもあります。

脳内にある言葉のデータが大量に入力されると、言葉の文法を感覚として学習するのは人間の脳の自然な働きです。

ネイティブと同等レベルになるかどうかは別にしても、文法を覚えてその形に当てはめるだけでは、いつまで経ってもその言語は上達しないままでしょう。

 

また「デジタルネイティブ」のように、ネイティブという言葉が言語以外の場面に使われる場合もあります。

デジタルネイティブは、生まれたときから、あるいは物心ついたときからパソコンやインターネットがある環境で育った世代のことを指します。

ソフトテニス・ネイティブとは?

そこで提案したいのが「ソフトテニス・ネイティブ」の考え方です。

ソフトテニス上達法カテゴリの最新記事