ソフトテニスの「進化論」!生物の仕組みを活かした上達法とは?

ソフトテニスの「進化論」!生物の仕組みを活かした上達法とは?

本記事では、生物の「進化」の理論からソフトテニスの上達法を考えてみたいと思います。

人間もまた生物の一つの種であるため、進化の仕組みと深い関係にあります。

生命の仕組み、進化の仕組みは未だ謎に包まれていますが、仮説も含めてその謎に迫ってみましょう。

「進化論」と新発見

今回の内容は、科学的にはまだ分かっていない部分も「こうではないか?」という仮説や想像を加えて書いています。

可能性の一つとして楽しんで頂ければ幸いです。

チャールズ・ダーウィンの「進化論」

チャールズ・ダーウィンが『種の起源』を記したのは1859年のことです。

これまで説かれてきた進化論の基本は「適者生存」「自然淘汰」だと言えるでしょう。

 

これらの2つをまとめると「環境に適応した生物が生き残り、現在の姿になった」ということです。

反対に環境に適応できなかった者は生存に不利になるため絶滅し、

子孫を残すことができません。

これが自然淘汰と呼ばれるものです。

 

では「進化」とは何でしょうか?

先に確認した内容は、環境に適応したものが生き延びるということでした。

そこには進化を思わせるもの、枠組みを飛び超えるような飛躍はありません。

過去から続いている現在の環境に適応することは進化とは言えません。

 

進化とは魚が陸地に上がったような、あるいはサルがヒトになったような、現状の外側へと飛び出す現象です。

肺呼吸ができず水中でしか生活できない魚が陸地に上がることは、生存戦略としては説明が付きません。

生物が現状の外側へと飛躍する進化という現象の秘密を探ります。

ソフトテニス上達法カテゴリの最新記事