【男子左利き前衛編】ソフトテニス動画まとめ!【内田選手・丸山選手】

2020年6月3日

今回は、男子の前衛選手のイメージトレーニングに使える動画をご紹介しています。

左利きの選手は人数の割合が小さいため、ページを分けて、こちらにまとめることにしました。

プレーヤーを利き手で分ける必要は本来ありませんが、イメージ面を重視致しました。

 

ソフトテニス男子左利き前衛の動画を活用するために

左利きの男子前衛プレーヤーの動きが参考になる動画を選びました。

右利きの選手もフットワークなどは共通しますが、ラケットワークが左右反対になります。

自分が左利きの場合、左利きの選手の動きを見る方が参考になるでしょう。

 

スポーツが上達するのに、イメージトレーニングは有効です。

脳機能が理想のプレーを実現!ソフトテニス上達の2つ目のポイントにも書いたように、イメージトレーニングには以下の2つがあります。

 

①ソフトテニス上級者の動きを見る(映像でもOK)

②自分の理想のプレーをリアルにイメージする

 

ソフトテニスの動画を見ることは、①の上級者の動きを見ることに該当します。

 

参考:ソフトテニス動画まとめ!イメージトレーニング【男子左利き後衛編】

参考:ソフトテニス動画まとめ!イメージトレーニング【男子左利きシングルス編】

 

ソフトテニス男子左利き前衛の動画

それでは、ソフトテニス男子左利き前衛の動画を見ていきましょう。

 

コリアカップ 男子ダブルス 決勝

【船水・九島 vs 内本・丸山】

左利きの選手は丸山選手です。【男子左利き後衛編】でも、本倉選手とのペアで出場している試合動画を紹介しています。

こちらの動画はハイライトで、特に良いプレーだけを集めて編集されています。

前衛の選手は試合中ボールにタッチする機会が後衛に比べて少ないですが、こちらの動画は前衛のプレーが多く見られます。

 

丸山選手のフォアボレー練習

上の動画でもご紹介した丸山選手のボレー練習の動画です。

特に前衛の場合、練習映像の方がボレーやスマッシュの打ち方が参考になります。

 

2018年 全日本学生ソフトテニス大会 ダブルス 決勝

【長尾・松本 vs 安藤・内田】

2018年のインカレダブルスの決勝戦です。早稲田同士の決勝となったこの試合は、内田選手が左利きの選手です。

ゲーム全体を通してハイレベルなラリーが展開されており、見応えのある試合です。

 

2009年 全日本インドア選手権 男子 決勝

【中堀・高川 vs 石川・中本】

この試合では高川選手が左利きの前衛です。高川選手は長く日本のソフトテニス界を牽引してきた選手だと言えるでしょう。

中堀・高川ペアはこの動画の試合でもある全日本インドアで8回優勝、そして天皇杯では9回優勝しており、いずれも現時点で史上最多です(本稿投稿時の2019年時点)。

現在のトップ選手と単純に比較はできませんが、今なお色褪せない完成度の高いプレーが随所に見られます。

 

李佳鴻選手のボレー&スマッシュ

李佳鴻選手のボレー&スマッシュです。ソフトテニスの前衛プレーヤーは一度はご覧になることをお薦めします。

李選手は中華台北のエース前衛として大変優れた功績を残したプレーヤーです。

アジア五輪ダブルス2連覇を始め、ソフトテニス史上に残る成績と実力を示し続けました(ソフトテニス史上最強!?超一流前衛&後衛の動画でイメージトレーニング!)。

 

参考:【ソフトテニス】現実を超える!?「バーチャルテニス」を実装する練習メニュー!

参考:【ソフトテニス】前衛ボレーの「弾き」とは何か?ショットが加速するテクニック!

 

終わりに

今回はソフトテニス動画の、特に男子の左利きの前衛選手が参考になる動画をまとめてみました。

左利きは人数比だと少数になるため、参考なる映像も少なくなりがちです。

男子の前衛だと丸山選手内田選手の活躍は近年特に目覚ましく、参考になるプレーが多いと思います。


スポーツは見るだけでも上達します。

人の動きを見るだけで脳は自分がその動作を行っているように働きます。

最後に、動画の撮影・投稿者の皆様に感謝を申し上げます。