【女子シングルス編】ソフトテニス動画まとめ!【尾上選手・高橋選手】

2020年3月18日

 

今回は、ソフトテニスの女子シングルスの動画をご紹介します。

シングルスにはダブルスのような試合展開はありませんが、個人の高い技術が求められます。

一流選手のプレーを見ることで、自分のパフォーマンス向上に役立ててください。

 

ソフトテニス女子シングルスの動画を活用するために

シングルスはダブルスのような試合展開はありませんが、その分個の力が存分に発揮される種目だと思います。

シングルスも前衛・後衛の場合と同じく、イメージトレーニングが大切です。

シングルスにもポジションはありますし、コースや球種を瞬間的に打ち分ける戦術が見られます。

一流選手たちのプレーから学んでみましょう。

 

脳機能が理想のプレーを実現!ソフトテニス上達の2つ目のポイント「イメージ」にも書いたように、イメージトレーニングには以下の2つがあります。

 

①ソフトテニス上級者の動きを見る(映像でもOK)

②自分の理想のプレーをリアルにイメージする

 

動画を見ることは①の上級者の動きを見ることに当たります。

脳は臨場感を感じている空間から強い影響を受けます。

映像でプレーを見ることは、現実のプレー向上に繋がります。

 

参考:【女子後衛編】ソフトテニス動画まとめ!【林田選手・高橋選手】

参考:【女子前衛編】ソフトテニス動画まとめ!【島津選手・半谷選手】

 

ソフトテニス女子シングルスの動画

それでは、ソフトテニス女子シングルスの動画を見ていきましょう。

 

2018年 アジア競技大会 女子シングルス決勝

【高橋乃愛(日本) vs 鄭 竹玲(中華台北)】

【女子後衛編】でも紹介しましたが、高橋選手は左利きの後衛です。

彼女はこの試合で日本人で初となる、アジア競技大会の女子シングルス優勝を果たしました。

サーブ、ストローク、ボレーと、シングルスのチャンピオンに相応しい高い技術を持っている選手だと思います。

 

2018年 全日本 女子選抜ソフトテニス大会 シングルス決勝

【尾上胡桃 vs 林田リコ】

尾上選手は前衛、林田選手は後衛の選手です。

尾上選手は日本トップクラスの前衛として活躍されていますが、シングルスでもコンスタントに好成績を上げています。

ネットプレーヤーとしての性質なのか、ラケットの使い方&ボールタッチが良い印象です。

林田選手は【女子後衛編】でも紹介した選手です。67年ぶりに高校生として皇后杯優勝を成し遂げた注目の選手ですね。

 

2015年全日本学生ソフトテニス選手権大会 女子シングルス決勝

【尾上胡桃 vs 平久保安純】

上の動画でもご紹介している尾上選手と、当時早稲田大学に所属の平久保選手との決勝戦です。

平久保選手はフォアハンド、バックハンドともに優れ、国際大会でもシングラーとして選出されている実力者です。

スイングが滑らかで、インパクト時の柔らかなボールタッチが印象的です。

 

2012年 全日本シングルス選手権大会 女子決勝

【小林奈央 vs 深澤昭恵】

こちらの試合は、現役のソフトテニス部の方にはあまり知られていないのではないでしょうか。

小林選手のスイングはリラックスしていてかつシャープです。

前述の平久保選手と同じく、ボールタッチが良い選手の一人だと思います。

トップ選手の中でも類を見ないストロークセンスだと思いますので、ぜひご覧ください。

 

参考:【ソフトテニス】バックハンドが「ボールを打たずに」上手くなる!?秘密の練習ガイド!

参考:【ソフトテニス×脳科学】後衛の武器!「中ロブ」の理論と練習法

 

終わりに

以上が、ソフトテニス女子シングルスの動画のまとめです。

ご紹介しているのは有名な選手ばかりですし、既にご存知の動画があったかもしれません。

動きが見やすい映像で、様々なタイプの選手が入るように心がけました。

最後に、動画の撮影・投稿者の皆様に感謝を申し上げます。