【ソフトテニス×脳科学】高確率で入るサーブの種類&コツ!

2020年3月12日

今回は、高確率で入るソフトテニスのサーブの種類と練習のコツを解説しています。

ソフトテニスの試合の一球目は必ずサーブから始まります。

またサーブは唯一自分の好きなように打てるボールでもあります。

ショットの中で最も重要とも言えるサーブ。

高確率で入り、試合でのラリーを有利にスタートする方法とは何でしょうか?

 

高確率で入るソフトテニスのサーブのポイント!

高確率で入るサーブのポイントはこちらです。

 

Point

・サーブにトップスピンを掛ける

・トップスピンを掛けるためには「セミイースタン」か「イースタン」にグリップチェンジする

・サービスコート内に入れるという条件がある→沈む軌道のドライブ回転で確率up

 

ソフトテニスで高確率で入るサーブのコツ。

それは「スピン」を掛けることです。

 

オーバーサーブでトップスピン系の回転(ドライブ回転)を掛けると、ネットを越えてからサービスライン内に収まりやすいサーブを打つことができます。

もちろんサーブの全てをトップスピンで打つ必要はありません。

試合の要所で使える高確率のサーブとして持っておくといいでしょう。

 

ソフトテニスの「ドライブ回転」を整理してみよう

皆さんご存知の通り、ドライブ回転はソフトテニスのストロークの基本です。

ドライブをかけるのはルール上、以下の条件を満たしてショットを打つ必要があるからです。

 

・ネットを越える

・相手側のコート内に入る

 

「ボールがネットを越えて、コート内に入る」

このようなショットを高い確率で打つために、ドライブ回転を掛けて沈むような軌道のボールを打ちます。

フラットスライス系の回転でもボールは重力で自然と落ちますが、ストロークの主体はドライブです。

ドライブの場合、回転の向きと空気抵抗の関係で、ボールが下に沈みやすくなります。

 

サーブのトップスピン回転を整理してみよう

一方でサーブの場合はどうでしょうか?

トップスピン系のサーブを実践している方もいるかと思いますが、全体の主流とまではいえないでしょう。

しかし、サーブこそトップスピンが有効とも言えます。

先ほどのように、ルールからサーブで求められることを整理してみましょう。

 

・ベースラインの後ろから打つ

・ネットを越える

・サービスコート内に入る

 

ストロークの場合に比ると「後ろから、ネット近くの枠内に打つ」という制限が加わっています。

ベースライン付近からサービスコート内に入れる訳ですから、ネットを越えてから落ちる軌道で打てる方が高確率なサーブが打てます。

 

オーバーサーブは「身長+腕+ラケット(+ジャンプ)」で高い打点で打つことはできます。

ですが確率を上げようと思えば、スピンを使って落ちる軌道のボールを打つのがいいでしょう。

 

トップスピンをかけた沈むサーブは「確実に入れたいファースト」「上から打つセカンド」で特に使えます。

フラットサーブに比べるとやや威力が出にくいですが、感覚が掴めると鋭く高確率なサーブが打てるようになります。

 

硬式テニスの試合を見ると、セカンドサーブはほとんどの場合強烈なトップスピンを掛けて打っています。

硬式では基本的に下からのサーブを打つことがありませんし、シングルスが主体で一人当たりのコートカバーも広くなります。

硬式テニスの技術をそのまま使うのは難しいですが、学べるところは大きいと思います。

 

トップスピンのサーブを打つための「グリップ」

サーブで縦回転を掛ける時には、普段のストロークのグリップからグリップチェンジを行うことがお薦めです。

 

ソフトテニスのサーブは「セミイースタングリップ」が基本でしょう。

打ちやすい方はイースタングリップでもいいと思います。

 

これらのグリップなら、リストの自然な動きを活かしたスイングができます。

ソフトテニスの主要なグリップの名称と特徴を確認しておきましょう。

 

【セミイースタングリップ】

「セミイースタン」は普段のストロークを打つウエスタングリップから、グリップ一角分、親指側にずらした握り方です。

サーブやスマッシュを打つときにお薦めのグリップです。

サーブはウエスタングリップでも打つことはできますが、やや回転を掛けづらい握り方だと思われます。

 

イースタン寄りのグリップは「団扇であおぐ」時のような手首の動きが可能になります。

その結果、サーブやスマッシュなどのオーバーハンドのスイングが自然に振り抜けるようになります。

 

【ウエスタングリップ】

ウエスタンの基本は、地面に置いて上から握ったグリップ。

ラケット面と手のひらが平行になるイメージです。

 

人が道具で力を加える時に自然と握る向きになるのが、ウエスタングリップと言えるでしょう。

ハンマーを振る時も、力を加える方に手のひらが向くような形で握っているでしょう。

ウエスタングリップがストロークの主流になっているのも、ラケット面でボールに力を伝えやすい特徴からでしょう。

 

【イースタングリップ】

イースタングリップの基本は、包丁の握り方。

ラケット面を立てて握るような角度になります。

先ほども書いたように、団扇であおぐ時のような形でラケットを握ることになります。

イースタングリップもオーバーサーブに向いているグリップです。

 

ラケット面とボールが厚い角度で当たるウエスタングリップから、ちょうど90°ずらしたのがイースタングリップです。

イースタンではラケット面の当たりが薄い打ち方がしやすく、カットサーブでも使われます。

 

セミイースタングリップは、上記のウエスタンとイースタンの中間に当たります。

上記のグリップの位置はあくまで目安なので、自分の手に馴染むところで自然に握るといいでしょう。

また同じ握り方を指して、軟式・硬式で異なる名称を使う場合もあります。

それぞれのグリップの特徴を押さえ、実際のプレーで使い分けられれば十分だと思います。

 

参考:ソフトテニスの全てのショットが同時に上達する方法!?

 

ソフトテニスのサーブが上達する練習メニュー

ソフトテニスの試合で有効なサーブは、トップスピンを掛けるサーブだと説明してきました。

ここからはサーブを効率的に身につける方法を解説します。

 

サーブ練習のポイントはこちらです。

 

Point

・ボールつきでサーブのグリップに慣れる

・トップスピン系のサーブを打っている選手の動きを見る

・サーブの軌道を逆算でイメージする

・ボールをよく見て、トップスピンを掛けてサーブを繰り返し打つ

 

サーブをウエスタングリップで打っていてこれからグリップチェンジに挑戦する方は、慣れるまでに少し時間が掛かると思います。

前半にグリップに慣れる方法も簡単に説明しています。

続けるうちに感覚がつかめるので、慣れるまで継続をお薦めします。

 

サーブのグリップに慣れる

グリップチェンジをする場合は、まずそのグリップに慣れましょう。

大事なのはボールをコントロールする感覚をつかむことです。

ラケット面でボールをタッチする感じに慣れておきましょう。

 

ラケットの扱いに慣れる方法としては「ボールつき」があります。

基本的な方法ですが、ラケットとボールのインパクトの瞬間を正確に感じる練習になります。

特にグリップチェンジをこれから行う場合は、まずボールつきから慣れていくのがいいでしょう。

ボールをよく見て、ラケットの感触を感じるような意識で行ってみてください。

 

ボールがまっすぐにつけるようになったら、ラケット面を操作する感覚の基礎になります。

ソフトテニスのラケット面の操作は非常に細かいもので、一つ一つを意識して行えるものではありません。

反復練習によって身に付く感覚がサーブの技術の本質です。

 

ボールをつくときには、ボールを良く見て、音を聴き、ボールの感触を感じるようにしてみてください。

五感から送られる情報を脳が敏感にキャッチして、ラケット面でボールをタッチする感覚が磨かれていきます。

繊細なラケットワークは、フォームを考えることではなくボールを感じることによって身に付きます。

 

サーブの練習メニュー

グリップに慣れることができたら、サーブの動作の練習をしましょう。

トップスピンをかける場合は「ボールを下から上にこすり上げるように打つ」のが基本です。

フォームやタッチは感覚的なもので、説明よりも自分で感覚を掴んでいく方が確実です。

 

前述の通り、ソフトテニスの技術は効率の良い体の動きができる感覚。

感覚とは繰り返しによって培われるもの。

サーブも反復練習で自然と上手くなります。

以下ではサーブの練習を加速させるポイントをご紹介します。

 

①サーブのイメージトレーニングをする

サーブのイメージトレーニングを行うことで、技術をより早くみにつけることができます。

サーブのイメージトレーニングには「動きのイメージ」「ボールの軌道のイメージ」の2種類があります。

順番に確認して見ましょう。

 

【サーブの動きのイメージ】

サーブが上手い人の動きを繰り返し見て、イメージトレーニングを行います。

選手の動きを覚えようとする必要はありません。

リラックスして見ているだけで、脳はその動きを仮想体験しています。

 

トップスピン系のサーブを使っている選手で言えば、船水颯人選手などが挙げられるでしょう。

船水選手に限らず上級者の多くが使う球種であるため、上級者のラケットワークを見ることでイメージが掴めます。

 

【サーブの軌道のイメージ】

自分がサーブを打つときには、準備としてボールの軌道を逆算してイメージしましょう。

自分が狙いたいサービスコートの地点から、ネットの上を通り、サーブの打点まで巻き戻してイメージします。

 

ボールの軌道をイメージしておくことで、体はそのコースを自然と狙おうとします。

人間は頭の中でイメージした方向へ自然と進む性質があるようなのです。

 

未来に向かうべき地点から逆算する方法は、イメージングの基本です。

先に目的地を設定しておくことで、途中のプロセスが後から決まるという順番です。

 

ソフトテニスのボールの軌道も、狙いたいコースから逆算することで自然なイメージが作られます。

スピンをかけて落ちる軌道をイメージするとより効果的でしょう。

 

②トップスピンをかけてサーブを打つ

サーブのイメージが作られたら、実際にボールを打って練習を行います。

脳は思い描いた方へ進む性質があるので、イメージが作られていればサーブの上達はスムーズです。

 

トップスピンをかけるには「ボールを下から上にこすり上げる」感じ。

打ち方の説明はあくまで参考なので、あまり気にする必要はありません。

 

ボールを打つときにはボールだけに集中し、体の感覚に任せましょう。

上手く回転がかからなかったり、コースがずれても気にせず、繰り返しボールだけに集中してサーブを打ちます。

 

動作の感覚を掴むという意味では、自転車の練習と同じです。

自転車に乗れるようになるためには、何度もトライ&エラーを繰り返すことが重要。

大事なのは転ばないように自転車のフォームを考えることではありません。

脳が学習するためには、転んでもいいからとにかく繰り返し練習することです。

 

ソフトテニスも細かい打ち方などは気にせず、とにかくボールに集中して練習を繰り返すことで脳が新しい神経ネットワークを作ります。

新しい神経ネットワークが作られることが、慣れであり、感覚の正体です。

 

サーブで縦回転を掛けるのも、サーブのグリップや動作に慣れることが大切です。

繰り返しボールを打っているうちに、どう打つとどうボールが飛ぶか、何となく分かるようになってきます。

ボールタッチの感覚が掴めて来れば、自然と思い通りに打球をコントロールできるようになってきます。

習うより慣れよで、気楽にトライしてみてください。

 

参考:「ソフトテニス・サヴァン」内なる天才が目覚める究極の練習理論!

参考:ソフトテニスの試合で勝てるマインドの使い方まとめ!

 

まとめ

●高確率で入るオーバーサーブのポイントは「スピン」

●サーブでもトップスピン(ドライブ)を掛けることで、ネットを越えて落ちるボールが打てる

●サーブでスピンをかけるには「セミイースタングリップ」がお薦め

●サーブの動作は繰り返し練習することで身に付く

●サーブの練習のポイント

①イメージトレーニングをする

②ボールに集中して、下から上にこすり上げるようにボールを打つ

●脳が繰り返しによって脳神経ネットワークを構築し、サーブに必要な感覚が身に付く