【女子左利き後衛編】ソフトテニス動画まとめ!【貝瀬選手・小谷選手】

今回は、ソフトテニスのイメージトレーニングに使える動画をご紹介しています。

左利きの女子後衛選手の映像をセレクトしました。

左利きの選手は人数が右利きに比べると少ないですが、優れたプレーヤーは何人もいます。

自分の参考になる選手を探してみてください。

 

ソフトテニス女子左利きシングルスの動画を活用するために

ソフトテニス女子左利きシングルスの動画です。

右利き、左利きに関わらずトッププレーヤーのパフォーマンスは参考になります。

しかし利き手が逆だと、スイングが左右反対になります。

自分が左利きだと、左利きのプレーを参考にできれば理想的です。

 

スポーツの上達にイメージトレーニングは非常に有効です。

脳機能が理想のプレーを実現!ソフトテニス上達の2つ目のポイントにも書いたように、イメージトレーニングには以下の2つのポイントがあります。

 

①ソフトテニス上級者の動きを見る(映像でもOK)

②自分の理想のプレーをリアルにイメージする

 

ソフトテニスの動画を見るのは特に①の上級者の動きを見ることに当たります。

人は小説を読んで感動し涙を流したり、映画の世界に恐怖を感じ鼓動が速くなったりします。

このとき、フィクションの世界に臨場感が移り、現実と同じような影響を受けています。

ソフトテニスのリアルなプレーのイメージは、現実の体の動きに影響します。

 

参考:ソフトテニス動画まとめ!イメージトレーニング【女子左利きシングルス編】

 

ソフトテニス女子左利き後衛の動画

それでは、ソフトテニス女子左利き後衛の動画を見ていきましょう。

 

全日本実業団選手権大会 女子 決勝

【深澤・森原 vs 貝瀬・吉田】

現在YONEXに所属している貝瀬選手は左利きの後衛です。

貝瀬選手は中学生の頃に最年少でナショナルチームに選ばれ、全中団体優勝、日本リーグ優勝など、第一線で活躍し続けている選手です。

映像を見ると、体の使い方が上手く、力のあるボールを打っているのが分かります。

 

2018年 アジア選手権大会 女子国別対抗 決勝

【高橋・半谷(日本) vs ムン・ペク(韓国)】

2018年のアジア選手権大会の国別団体戦、決勝戦の第1試合です。この大会で女子日本代表は優勝しています。

 

日本側の高橋選手は左利きの後衛です。

高橋選手は同大会のシングルスで、日本女子初となる優勝を成し遂げました。

シングルスの名手らしくフォア、バック、カットと多彩なテクニックが魅力の選手です。

 

2018年 全日本ソフトテニス選手権 女子準決勝

【林田・宮下 vs 徳川・草野】

YONEX所属の徳川選手は左利きの後衛です。

シュートボールは強烈かつ安定していて、国際大会でも活躍している選手です。

 

2015年 天皇杯皇后杯 女子準決勝

【小谷・大槻 vs 小林・佐々木】

こちらの試合では小谷選手が左利きの後衛です。

高校時代からインターハイで個人・団体優勝。2017年には全日本社会人で優勝しています(ペアは大槻選手)。

小林・佐々木ペアは、度々日本代表にも選出された選手です。

 

参考:【男子左利きシングルス編】ソフトテニス動画まとめ!イメージトレーニングを実践しよう

参考:【ソフトテニス】シングルス上達のコツ!脳を活かす練習法とは?

 

終わりに

今回はソフトテニスの動画を、特に女子の左利き後衛の選手が参考になるようにまとめました。

一人でも自分のプレーのモデルになる選手がいると、その選手の動きを繰り返し見て、リアルなイメージが頭の中に作りやすくなります。

利き手が違っていてもイメージはできますが、自分と同じ利き手である方が体感が伴いやすいかと思います。

 

スポーツは見るだけでも上達します。

現在はソフトテニスの練習動画や試合動画が豊富にあるため、活用していきましょう。

最後に、動画の撮影・投稿者の皆様に感謝を申し上げます。