後衛の奥儀!ストロークの「隠れた技術」とは?【ソフトテニス】

後衛の奥儀!ストロークの「隠れた技術」とは?【ソフトテニス】

本記事では、後衛のストロークにおける重要なスキルについて解説します。

ストロークについて一般的には強調されない点ですが、ハイレベルなプレーヤーであるほど恐らく無自覚に身に付けているものです。

プレーヤーの動きを外目に見ても分かりませんが、その内面で行われているストロークの「隠れた技術」と言えるでしょう。

後衛ストロークの「隠れた技術」とは?

ソフトテニスのゲーム中、プレーヤーの活動は外から見えることだけではありません。

「プレーヤーが内部(心の中)でどのような状態にあるのか?」。

この問いの答えは、これから上手くなりたい人が何を実践するべきかという答えに直結します。

ソフトテニスのハイレベルな後衛がその内面に備えた「隠れた技術」に迫ります。

ハイレベルな後衛の内面で起きていることとは?

ソフトテニスの技術で重要なのは「ボールコントロール」です。

ボールコントロールとは、コースや回転などを思い通りにボールを打てる感覚のこと。

この感覚を身に付ける基本は反復練習による脳の自動的な学習です。

 

ストローク技術をより早く身に付ける。身に付けた技術を試合に活かす。

ソフトテニスのトップ後衛たちが内側で行っていることはなんでしょうか?

後衛【ストローク】カテゴリの最新記事