【特典】受験勉強の裏ワザ!「天才をコピーする」方法とは?

【特典】受験勉強の裏ワザ!「天才をコピーする」方法とは?

この記事は様々な分野で脳科学の成果を活かした方法論というコンセプトにもとづき、本サイトの『プレミアム・コンテンツ』の特典として掲載しています。

 

この記事では、天才と呼ばれる人物の知性をトレースして受験勉強に活かす方法を解説しています。

過去に優れた能力を発揮してきた人は、無自覚であってもその方法を使ってきたのだと思われます。それが現代においてはインターネットの普及で以前より遥かに容易になっています。

誰でも簡単に実践できる方法でありながら、一気に知性を上げられる勉強法。ぜひ受験勉強にも役立ててください。

「天才をコピー」する受験勉強法

天才と呼ばれる人物の知性をコピーすることができれば、受験勉強の内容もより理解がしやすくなります。本章ではまず「受験勉強で行うべきことを整理」「天才の知性をコピーするための脳のメカニズム」を解説します。

それでは詳しい内容を見ていきましょう。

受験勉強では「教科の勉強」と「脳機能(IQ)トレーニング」を行う

受験勉強というと皆さんはどのようなイメージを持たれるでしょうか?

 

「受験科目の参考書の内容を記憶する」

「志望校の過去問を何度も解く」

 

上記のようなことも受験勉強においては必要だと思います。

教科書の内容を一度で理解する力があってもまったく勉強をしていなければテストのスコアは上がりません。

教科ごとの受験勉強をしていなければ問題が解けない

現在行われている定期テストや入学試験は「正解一つに決まる知識を問う問題」がほとんどです。

一言で言えば「暗記」で、これは知っていなけば答えようがありません。

いわゆる地頭(理解力、思考力など)がよくても一定時間以上の受験勉強は必要です。

 

反対に、基本的な理解力や思考力が養われていないと勉強時間をいくら長くしても成績が伸びない可能性があります。

テストの内容に暗記が多いとはいえ、理系科目の計算など一定の理解が求められるタイプのものがみられます。

また理解ができている記憶がしやすいものですから、暗記科目に見られるものでもベースとなる学力が関わっているのです。

教科の勉強のベースとなる脳機能を高める

各教科の勉強をスムーズに行うために「脳機能を高める」ことが必要となります。

これは文章を読んで理解する力や、筋道立てて考える力です。

 

理解力や記憶力などの学習能力そのものが高ければ、同じ勉強時間でも学習は進みやすくなります。

一般に「頭がいい」と言われる状態です。

 

頭のよさというのは決まっているように思われがちですが、訓練によって変化するものです。

脳は刺激が与えられることによっていくらでも新しい神経ネットワークを構築し、学習を続ける器官です。

 

近年「入試問題で問われるような知識を必要としない、文章の読解問題」と偏差値との関係を調べたデータが取り上げられています。

問題は文章を正確に読めば解けるシンプルなものですが、この成績が受験偏差値とほぼ比例するという結果が見られます。

つまり、受験勉強の成否を決めているのは文章を正確に読む読解力であり、筋道立てて考え正解へと至る思考力であると考えられるのです。

本稿ではこのような、受験勉強の基礎となる脳の機能を高めることをテーマとしています。

【限定】プレミアム・コンテンツカテゴリの最新記事