ソフトテニスが「最速で上達する」練習メニューとは?

2020年2月17日

 

今回は、ソフトテニスの上達スピードを加速し、最速で上手くなるための方法を解説しています。

ソフトテニスを同じ時期に始めても、上達の速度には差があります。

始めは誰もが初心者ですが、時間が経つにつれて技術レベルには違いが出てきます。

プレーが個人個人で異なるのは自然で、同じことを目指す必要はありません。

しかし、可能ならば速く上達したいのが正直な気持ちですよね。

ソフトテニスが「最速で上手くなる」方法とはどのようなものなのでしょうか?

 

ソフトテニスの上達スピードを決めているものとは?

ソフトテニスの上達スピードに違いがでる要因はいくつかあります。

中でも最も大きなものが「練習方法」です。

部内では同じ練習メニューを行うため、「練習方法」に違いはないように感じます。

しかし実際には、練習の取り組み方に大きな違いがあります。

 

同じ練習で差が出ることは「才能」「センス」に結び付けがちですが、これらは原因ではありません。

才能やセンスは全員に可能性として備わっています。

「才能」や「センス」を、正しい練習方法で引き出した人が上手くなります。

 

ソフトテニスの上級者は、経験的に「上手くなる練習方法」を実践していることでしょう。

正しい上達の方法を理論的に学んでいるとは思えません。

上達のメカニズムを正しく説明した理論は、現状では共有されていないからです。

 

「経験的に上達の方法が分からなければ、上手くならないのでは?」と思われるかもしれませんが、心配は要りません。

実際には、経験に基づいて上達したプレーヤーよりも、遥かに速い上達が可能です。

個人が経験の内側だけで才能を伸ばしても、体系的な知識を習得した人間には絶対に敵わないからです。

 

一般的に上達が速いと思われるプレーヤーでも、最短距離を進んではいないでしょう。

ソフトテニス上達の正しいルートと比べると、迂回していると考えられます。

 

最先端の科学的な練習方法を選択すれば、誰でも圧倒的なスピードでソフトテニスは上達します。

科学的と言っても、フォームなどを頭で考えながらプレーするのではありません。

ソフトテニスのプレーで重要なのは「感覚」です。

正しい練習方法とは、科学的に根拠のある方法によって、確実に感覚を磨くアプローチです。

 

参考:最短距離で上達!ソフトテニスの練習メニューの「公式」とは?

 

ソフトテニスが最速で上達するための練習メニュー

数学に才能を持った子供がいるとしましょう。

この子供が将来優れた数学の資質を身に付けるためには、他者から学ぶことが不可欠です。

つまり、過去の数学者たちの膨大な知識や理論にアクセスすることです。

過去の天才たちが考え、経験したエッセンスが現代まで伝わっています。

その知恵を受け取ることなしに、その先へと進むことは不可能でしょう。

 

ソフトテニスが上手くなるための練習方法も、ある個人が経験に学ぶだけでは不十分です。

もちろん、経験そのものは重要です。

しかし自分の経験のみに頼ると、他者が積み立ててきた知見が活かされません。

個人の経験でも上達はできても、正しい理論を学んだ上での最短ルートには及ばないものです。

ソフトテニスが最速で上達する理論は、他者から学ぶ知恵がどうしても必要です。

 

 

一流のアスリートたちの例から学んでみましょう。

水泳のマイケル・フェルプス選手はオリンピック水泳競技で史上最多である通算28個の金メダルを獲得しました。

オリンピック出場選手は、国の代表として選ばれる資質を備えた極めて優秀なアスリートたちです。

フェルプス選手は、そんなハイレベルな舞台において別格のパフォーマンスを披露し続けました。

 

彼がここまで抜きんでた大きな要因は、マインドの力にあります。

フェルプス選手は「コーチング」という脳科学をベースにした方法論を、徹底的に実践していました(【水泳】マイケル・フェルプス選手に学ぶソフトテニス上達のコツ!)。

水泳競技において、自分の経験だけではなく、コーチングという体系化された理論を学んで実践したからこそ、遥かな高みへと到達できたのでしょう。

 

ソフトテニスで圧倒的な上達スピードを可能にする練習メニュー。

それは先人たちが積み上げた知恵や、最先端の科学を学び、かつ実践することにあります。

先ほど触れたコーチングの理論も、ソフトテニス上達に活かせます。

コーチングはマインドの理論ですが、技術面でも脳のメカニズムに合った方法を実践するべきでしょう。

これが前述の、理論的な方法によって感覚を磨くことに繋がります。

 

ソフトテニスの上達は脳の働きによるものです。

最先端の脳科学・心理学の理論を活かした方法なら、常識外れのスピードで、かつ高い再現性でソフトテニスが上手くなります。

 

参考:ソフトテニスの試合に勝てるマインドの使い方まとめ!

参考:ソフトテニスの【極意】上達の3つのポイントまとめ!

 

まとめ

●上達スピードの差を生み出すのは「練習方法」

●上達が早い人は経験的・感覚的に上手くなりやすい方法を実践しているが、最短ルートではない

●ソフトテニスでは感覚が大事なため、感覚が磨かれる理論的な方法が望ましい

●オリンピックアスリート同士のハイレベルな競争でさえ、体系的な理論と実践は別格のパフォーマンスとなる

●先人の知恵や最先端科学の理論を活かせば、ソフトテニス上達の最短距離に近づける