ソフトテニスが上手い人が作っている上達の「好循環」とは?

2020年2月14日

 

今回は、ソフトテニスが上手い人が自然と作っている好循環と、その反対の悪循環を解説します。

物事には循環の関係が見られるものがあります。

例えば「教育」

「良い教育」を作るためには、生徒に充実した知識・体験を獲得させる「良い教育者」が必要です。

その「良い教育者」を育てるためには、「良い教育」が必要です。

問題は最初に戻り、ぐるぐると回ってしまいます。

ソフトテニスにも循環があります。

ソフトテニスが上手くなる人が自然と作っている好循環のサイクルを、皆さんに実感して頂けると幸いです。

 

ソフトテニスの好循環と悪循環

先ほども書いたように、物事が最初の地点に立ち戻りぐるぐると回る、循環が見られる場合があります。

ソフトテニスの練習にも、好循環と悪循環のどちらともがあり得ます。

ソフトテニスが上手い人は、何らかの原因によって好循環のサイクルを作り出せた人たちです。

好循環の場合と、悪循環の場合。それぞれについて確認していきましょう。

 

ソフトテニスの好循環

ソフトテニス上達の好循環とはどのようなものでしょうか?

 

効率の良い練習→上達の加速→エフィカシーの向上(モチベーションの向上)

 

このようなサイクルのことです。

 

効率よく練習をすれば、時間当たりの上達の度合いが大きくなります。

ソフトテニスの上達が実感できれば、自分の才能や能力に自信を持つことができ、エフィカシー(自己能力の自己評価)が上がります。

高いエフィカシーは意欲や行動を促し、より積極的な練習と、創造的な思考へと繋がります。

 

人間の脳にはRAS(ラス)と呼ばれる、情報の取捨選択をしているフィルターがあります。

エフィカシーが上がると、RASの働きによって、高い自己イメージに相応しい情報が目に入るようになります。

より効率の良い練習方法などが目に入り、ますます上達が加速するというサイクルに入ることができます。

 

ソフトテニスの悪循環

続いて悪循環です。ソフトテニスの悪循環はこちら。

 

効率の良くない練習→上達の停滞→エフィカシーの低下(モチベーションの低下)

 

練習の効率が良くないと、時間をかけて練習をしても上達しにくくなります。

本人は練習しているのに上手くならない、という感覚になりますから、自分に対する効力感が下がります。

低いエフィカシーでは、現在の自分から変化するための行動やアイディアを引き起こすことができません。

そしてますます練習による上達が実感できないというサイクルです。

 

以上がソフトテニスの好循環と、悪循環です。

「効率」「上達」「自信(意欲)」という3つの要素が、それぞれに強化し合う関係にあります。

好循環の良いところは、どれか1つからスタートするだけで自然と他の2つの要素へと繋がり、自分の成長が加速していくところです。

これらのサイクルは他のスポーツや勉強についても当てはまるものです。

知識をもとに自分の現在地を客観的に認識することができれば、自分が乗りたい流れに乗れる可能性が上がります。

 

参考:最短距離で上達!ソフトテニスの練習メニューの「公式」とは?

 

ソフトテニスの好循環の作り方

ここまでソフトテニスの好循環と悪循環を確認しました。

先ほど書いた通り循環するということは、どこか1つからスタートすると自然と全体のサイクルが作られていくということです。

そうであれば、ソフトテニスが上達が加速する好循環をぜひとも作りたいと思いますよね。

最初のステップとして以下の2つの方法をおすすめします。

順番通りに進む循環とは矛盾するようですが、2つを同時に行うとより効果が高いでしょう。

 

脳の仕組みに合った方法で練習する

ソフトテニスの効率の良い練習方法とは、脳の仕組みに合った練習方法です。

なぜならソフトテニスのプレーを学習するのは脳で、そのプロセスは脳の仕組みに合ったものとなるからです。

ソフトテニス上達の鍵となるのは「ボールに集中する」ことです。

ボールというプレーの本質に意識を向けることで雑念をキャンセルでき、脳がソフトテニスのプレーを圧倒的スピードで学びます。

 

エフィカシーを上げる

高いエフィカシー(自己評価)を常に維持します。

エフィカシーが高いとは、簡単に言うと「自分は凄い!」と確信している、自信がある状態です。

人間の行動をコントロールしている司令塔は脳だと考えられます。

 

先に高いエフィカシー=自信を持つことで、自己イメージに相応しい行動が引き起こされます。

 

つまり、ソフトテニスが上達するための練習という行動が引き起こされることになります。

エフィカシーを上げるためにまず実践したいのが、セルフトーク(頭の中の言葉)のコントロールです。

セルフトークをコントロールし、常に肯定的な言葉を使うことで、日々エフィカシーが高まります。

 

 

以上の2つです。

エフィカシーを上げることは、広い意味では脳の仕組みに合ったソフトテニス上達法に含まれます。

また脳の仕組みに合った上達法を実践するためには、その裏に、情報を得て行動に移す意志の力、つまり高い自己評価があります。

2つの要素がお互いに強く作用し合っていることがお分かり頂けるかと思います。

両者の関係を知識として理解しておくことで、実践はより実りあるものとなるでしょう。

ぜひ好循環のサイクルに乗ってください。

 

参考:ソフトテニスの【極意】上達の3つのポイントまとめ!

参考:ソフトテニスが上手くならない…上達を止めている「スコトーマ」とは?

 

まとめ

●ソフトテニスには好循環と悪循環がある

●ソフトテニスの好循環は

効率の良い練習→上達の加速→エフィカシーの向上

●循環は、どれか1つからスタートしても他の要素へと自然と繋がる

●好循環に入る方法は…

・効率の良い練習→脳の仕組みに合った練習からスタートする

・高いエフィカシー(自己評価)=自信を持つ