ソフトテニスの脳科学!上達が加速する「アファメーション」とは?

2020年2月18日

 

今回はソフトテニスが上達するマインドの中核となる技術、アファメーションを解説しています。

ソフトテニスが上手くなるためには、当然のことながら練習が必要です。

練習とは言い換えれば行動のこと。

ではその行動を引き起こしているのは何か?というと、そこには脳=心の働きがあります。

つまり、脳と心の働きを活かすことがソフトテニス上達に繋がっているということです。

 

ソフトテニスに取り入れたい「アファメーション」とは?

ソフトテニスが本当に上手くなるためには、マインドの仕組みを知ることが非常に重要です。

マインドは人が何か物事を行うとき、必ず関わってくるものだからです。

 

ソフトテニスが上手い人の中には、「マインド理論なんて使っていない」という人もいるかもしれません。

本人が本気で使っていないと思っていても、マインドの仕組み自体はちゃんと働いています。

始めに書いたように、ソフトテニスが上手くなるという行動自体がマインドの働きの結果だからです。

 

アファメーションは自分を肯定する宣言

ソフトテニスのレベルアップに重要なマインド理論にも様々なものがあります。

その中でも中心となる技術が「アファメーション」です。

 

アファメーションは「自分を肯定する言葉」です。

アファメーションは、自分が設定したゴールに向けて行うのが基本です。

今回ゴール設定については詳述しませんが、イメージは自分が望む方向、つまりゴールに向けて使うものです。

 

言葉によってポジティブなイメージを脳に刷り込み、目標に向けて自分を導いていきます。

言葉以外にイメージなどを使う方法論もありますが、今回はシンプルに言葉に絞って解説していきます。

 

アファメーションは、いくつかのルールに基づいて作られます。

あらかじめアファメーションの文章を用意しておいて「夜寝る前」「朝起きたとき」「時間があるとき」などに唱えます。

実際に声に出してもいいですし、頭の中で唱えるのでも構いません。

 

「言葉を唱えるだけで、本当に効果があるの?」と思われるかもしれませんね。

この文章をお読みの皆さんは、いま自分がいる周囲の空間とは違う言語空間(言葉の世界)を頭の中で思い描いているはずです。

ソフトテニスの試合で勝つために重要な「セルフトーク」とは?でも書いたように、人間は小説に感動して泣き、他者からの一言で喜び傷つきます。

人間は言葉から大きな影響を受けます。

 

どのような言葉を使うかによって、言葉の影響はプラスにもマイナスにもなり得ます。

アファメーションは言葉のポジティブな影響を最大限に引き出すための方法論で、理論的に体系化されています。

 

アファメーションのメカニズム

人間の脳(心)は、一つのつじつまの取れた世界を維持しようとします。

これは認知的整合性理論と呼ばれるものです。

現実の出来事と心の中のイメージを、脳が無意識に一致させようとします。

無意識ですから本人にはこのつじつま合わせの自覚はありません。



アファメーションによってソフトテニスの自己イメージが高くなると、何が起きるのでしょうか?

「私はソフトテニスが上手い」という自己イメージが強化されたとしましょう。

現実の自分はソフトテニスが上手くない場合、脳内で違和感(=認知的不協和)が生まれます。

 

脳はイメージと現実の間のギャップを自動的に埋めようとします。

つまり、イメージを現実に合わせるか、現実をイメージに合わせるかのどちらかです。

プレーのイメージを高く維持することができれば、脳は現実をアファメーションの世界に合わせるしかありません。

 

アファメーションのルール

アファメーションの基本的なルールは以下のようなものがあります。

 

①一人称「私は~」で始める

②現在形(現在進行形)の文章にする

③肯定的・ポジティブな内容にする

④秘密にする

 

アファメーションの一つの特徴は、既に達成している内容にするということです。

自分がすでに目標を達成している内容の言葉を、アファメーションで日々脳に刷り込んでいきます。

 

現実世界では起きていないことが、言葉では現在形で体験されている。

脳はこのときギャップ=違和感を感じ始めます。

現実と理想のイメージとのギャップがエネルギーとなり、やる気に繋がります。

 

アファメーションによって生まれるエネルギーの働きは、輪ゴムの性質に似ています。

輪ゴムはもとの状態だと引き合いませんが、遠く引っ張られることで引き合う力が強く働きます。

現実とイメージとの隔たりが大きければ大きいほど、強力なモチベーションを生み出すことができます。

 

参考:ソフトテニスが上手くなる「起爆剤」とは?

 

ソフトテニスが上手くなるアファメーション

ソフトテニスが上手くなるために行うマインド技術はアファメーションです。

先ほどから述べている通り、上達のために必要な行動もその裏には脳の働きがあります。

 

ソフトテニスのアファメーション

ソフトテニスのアファメーションは、例えば以下のようなものです。

「私はソフトテニスが上手い」

「私は○○大会を最高のプレーで優勝して嬉しい」

 

自分が設定した目標に向けたものにするのが理想です。

ソフトテニスの理想の自己像を、すでに実現している形で言葉にします。

自分のプレーの自己評価を上げる内容や、設定したゴールを達成しているという内容にします。

 

設定するゴールは、現状からかけ離れた遠くのものにしましょう。

現状からかけ離れたイメージほど強い力を発揮するからです。

 

今の自分が初戦突破も難しいからと言って、「私は初戦を突破している」などの身近なものにしないようにしましょう。

現在の自分に達成できそうな内容では「自分は変化する必要はない」というメッセージを無意識に与えます。

今のままでは達成できない、それでも心から望むゴールを実現しているアファメーションを唱えます。

 

アファメーションを習慣化し、ソフトテニスの理想のプレーや成績を脳に刷り込みましょう。

始めのうちはネガティブな言葉が多いものですが、徐々にポジティブな言葉だけを使うように意識してみてください。

脳は無意識のうちに、言葉によって喚起されたプレーのイメージへと近づいていきます。

 

脳が自動的に理想のプレーを実現する!

脳の仕組みを活かして目標を達成する時、そこには努力という感覚は必要ありません。

アファメーションで理想のプレーがプログラミングすれば、自然と目標達成に向かうからです。

 

脳にはホメオスタシスと呼ばれる、現状を維持する働きがあります。

ホメオスタシスはもともと体の働きで、暑い日に汗をかいて体温を一定に保つような機能のことです。

 

人間の場合は心のホメオスタシスが働いています。

この働きによって、無意識のうちに現状のあるべき自分を保とうとします。

 

ホメオスタシスは無意識の働きで、本人が意識して現状を維持する訳ではありません。

そのため「自分は変わりたいと思っているのに、変われない」という状況が起きる訳です。

日常の例では以下のようなものがあるでしょう。

 

・勉強をしようと思っていても、ついつい別のことをしてしまう

・ダイエットをしても、すぐに元の体型に戻ってしまう

 

これらはホメオスタシスの現状維持の働きによるものだと考えられます。

 

アファメーションを習慣化すると、理想の自己イメージが本来あるべき現状として脳に書き込まれます。

そうすると、現状を維持するホメオスタシスの働きによって、自動的に目標の自分へと近づくことになります。

暑いときに体が汗をかいて体温を一定に保つように、脳が自然と目標へと近づこうとします。

 

先ほど挙げたルールに基づいた、ソフトテニスのアファメーションを作成しましょう。

作成した文章を読み上げることを習慣にします。。

アファメーションは声に出してもいいですし、頭の中で唱えても構いません。

アファメーションを日々続けることで、理想のソフトテニスのイメージが脳内にプログラミングされます。

 

アファメーションは人に秘密にすることが原則です。

大きなゴールに向けて進む人をジャマする人が出てくるからです。

 

今回はソフトテニスの上達を意識したアファメーションの使い方でした。

しかしアファメーションは本来、人生の様々な方面にバランスの取れたものにします。

家庭・健康・仕事・地域貢献・経済・趣味etc…など、最低でも8つの方面にバランスよくゴールを設定し、アファメーションを作成することがお薦めです。

 

参考:ソフトテニスの試合で勝つために重要な「セルフトーク」とは?

参考:ソフトテニスで上達し試合に勝つために必要なゴール設定とは?

 

まとめ

●アファメーション=自分を肯定する宣言

●アファメーションの基本的なルール

 ①一人称「私は~」で始める

 ②現在形(現在進行形)の文章にする

 ③肯定的・ポジティブな内容にする

 ④秘密にする

●脳は無意識に一つの統合された世界を維持しようとする

●ソフトテニスの大きなゴールを設定し、日々アファメーションを唱える

●既にソフトテニスが上手いというイメージが作られれば、現実がイメージに近づく!

●人生の様々な方面に、バランス良くゴールを設定しよう